県のたより4月号

掲載日:2020年3月31日

KNG Info かながわ県のたより

令和2年4月号
No.780 4月1日発行

県ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室・県健康危機管理課より

新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルスの迅速検出法の開発。

県、理化学研究所による共同記者会見

先手、先手の対応で県民を守る。

開発研究に至った背景

県は、ヘルスケア・ニューフロンティアの取り組み(京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区等)の中で、平成28年度から県衛生研究所と理化学研究所による外来感染症の防疫に資する技術開発研究を支援しています。昨今の新型コロナウイルス感染症の国際的な広がりを踏まえ、県からの要請により、県衛生研究所と理化学研究所は、スマートアンプ法を利用した新型コロナウイルスの検出方法の研究開発に着手し、その結果、同ウイルスを迅速かつ高感度に検出する方法を開発しました。今後、他の研究機関や大学、医療機関等の協力を得ながら、実証研究を開始する予定です。

※遺伝子を特異的に増幅して検出する簡便・迅速・安価な遺伝子検出技術

迅速検出法の開発に取り組む研究者の声

県衛生研究所と理化学研究所では、外来感染症の防疫に資する技術開発研究に取り組んできました。今般、県からの要請を受けて、スマートアンプ法を利用して新型コロナウイルスを検出する迅速検出法の開発にも着手し、迅速核酸検出試薬の開発に成功したもので、現場で使いやすい検出法として新型コロナウイルスの対策に貢献できると考えています。今後、神奈川県を中心として開始する実証研究にも協力し、県や関係機関とともに実用化に向けた取り組みを推進していきます。

理化学研究所林﨑良英氏

理化学研究所
林﨑良英 氏

国への要望

新型コロナウイルスの迅速検出法に係る検出試薬の早期承認について、国に対し緊急要望を行いました。また、ヘルスケア・ニューフロンティアの取り組み(京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区等)の中で、新型コロナウイルス治療薬として期待される、富士フイルムグループの抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」についても、国に対して、人道的見地からの投与の認容や、治験・臨床研究の早期開始、早期承認を求める緊急要望を行いました。

「新型コロナウイルス感染症対策サイト」を開設しました

新型コロナウイルス感染症対策サイト

県内の感染者数や、いただいた相談件数、医療機関の状況など、県民の皆さんの関心が高い情報について、分かりやすくまとめた「新型コロナウイルス感染症対策サイト」を開設しました。毎日更新して、新型コロナウイルス感染症に関する最新情報をお伝えします。ぜひご覧いただき、正しい情報に基づき、適切な行動をとっていただくようお願いします。

新型コロナウイルス感染症対策サイト

「新型コロナウイルス感染症対策サイト」

コロナ対策サイト 神奈川で検索

https://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1369/

新型コロナウイルスに関する情報提供、サポートをLINEで行います。

コロナLINE相談
(画像はイメージです)

県は、専用ダイヤル等を設け電話相談を実施していますが、問い合わせが殺到しています。こうした県民の皆さんの不安を解消するため、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」を活用し、皆さんからの問い合わせにAI(人工知能)による自動応答で、適切な相談先等の情報を案内するLINE公式アカウントを開設しました。LINE公式アカウントと友だちになり、ご自身の状態を入力することで、あなたの状態に合わせた情報をいち早くお届けします。

LINE公式アカウントを「友だち登録」してご利用ください

LINE公式アカウントを

「友だち登録」

してご利用ください

個人の状態に合わせた情報提供

体調や年齢、自宅の郵便番号等を入力することで、「帰国者・接触者相談センター」への連絡の必要性など、適切な行動に向けた最新の情報をお届けします。

チャットボットによるお問合せ対応

質問をLINE上で選択することで、自動で回答が返ってきます。

【問合せ】

新型コロナウイルスの迅速検出法については
県ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室   [電話] 045(285)0187   [ファックス] 045(210)8865

それ以外の新型コロナウイルス対策については
県健康危機管理課   [電話] 045(210)4791   [ファックス] 045(633)3770