トップページ > 衛生研究所の概要> 沿革

明治35年(1902)11月 ペスト検査所として発足する。
昭和12年(1937)3月 神奈川県中央衛生研究所(横浜市南区中村町3丁目185番地)と改称し、総合衛生試験機関として発足する。
昭和23年(1948)4月 厚生省3局長通牒「地方衛生研究所設置要綱」に基づいて神奈川県衛生研究所設置条例(23年9月)を制定、組織を3課1室とする。
昭和31年(1956)10月 行政組織の一部改正に伴い、4課1室に改める。
昭和39年(1964)4月 横浜市旭区中尾町52番地の2に鉄筋コンクリート造り地上4階建の庁舎を建築し、組織を1課3部9科とする。(神奈川県行政組織規則の一部改正)
昭和47年(1972)4月 本館隣接地(横浜市旭区二俣川1丁目87番の1)に神奈川県公害センターの新設にあわせて地下1階地上5階建の新刊を建築し、組織を1課6部15科に改める。(神奈川県行政組織規則の一部改正)
昭和49年(1974)8月 企画指導室を新設し1課1室6部15科となる。(神奈川県行政組織規則の一部改正)
平成3年(1991)4月 行政組織の一部改正に伴い、衛生工学部が環境科学センターに統合され、1課1室5部13科体制となる。
平成8年(1996)10月 住居表示の変更。(横浜市旭区中尾1−1−1)
平成9年(1997)4月 行政組織の一部改正に伴い、1部1課1室5部13科体制となり、現在に至る。(神奈川県行政組織規則の一部改正)
平成12年(2000)4月 保健予防課が行ってきた、地方感染症情報センターの業務移管を受ける。
平成15年(2003)6月 茅ヶ崎市下町屋1丁目3番1号に鉄筋コンクリート造り3階建研究棟の新庁舎を建築 (事務棟は鉄筋鉄骨コンクリート造り7階建の既存棟を改修)し、組織を4部3課4分室体制に改める。(神奈川県行政組織規則の一部改正)



  トップページへ戻る │  衛生研究所の概要へ戻る │ このページのトップへ



お問い合せは
神奈川県衛生研究所企画情報部 E-mail:
eiken.1540@pref.kanagawa.jp