神奈川県

初期費用0円で、太陽光発電を!

初期費用0円で太陽光発電を

「0円ソーラー」とは

事業者が初期費用を負担して、住宅に太陽光発電設備を設置し、発電した電力を住宅所有者等に販売することで初期費用を回収するので、住宅所有者は初期費用0円で太陽光発電を設置できるものです。設置後、一定期間(概ね10年間)は、発電された電気のうち使用した分の電気料金の支払いが必要ですが、一定期間経過後は、設備が住宅所有者に無償譲渡されます。

(注)上記は「電力販売」のケースになります。他に「リース」のケースがあり、「リース」の場合は、設置後、一定期間(概ね10年)は、使用料の支払いが必要になります。

「0円ソーラー」の仕組み

電力販売

電力販売図

リース

リース図

「0円ソーラー」
4つのメリット

0円で設置可能!
契約期間中の維持管理は
手間いらず!

事業者が初期費用を負担するので、住宅所有者は0円で太陽光発電設備が設置可能です。なお、契約期間中の維持管理については事業者が行うため、手間がかかりません。

契約期間後は、
あなたのものに!

事業者が初期費用を回収後(概ね10年後)は、設備が住宅所有者に無償譲渡されます。

電気代が安くなる!

発電した電気には「再生可能エネルギー発電促進賦課金(詳細は東京電力ホームページ参照)」がかからないため、電気代が安くなります。
(注)現在、オール電化向けやガスとセットのお得な料金プランで契約している場合は高くなることもあります。

非常用電源としても使える!

地震や台風などの自然災害により停電が起きた場合でも昼間の電気が確保できます。
(注)夜間の利用には別途、蓄電池が必要になります。非常用電源としての活用については「災害時も停電のないくらし!~今こそ太陽光発電~」も御参照ください。

「0円ソーラー」での
設置の流れ

1プラン選択

下記プランの中から、条件や希望にあったプランをお選びください。

2資料請求

選択したプランについて資料請求をしてください。

資料請求は、県を経由して行うこともできますが、直接事業者に連絡する方が早く入手できます。
県を経由する形での資料請求について

3契約

事業者と契約します。

(注)契約は県民と事業者の個別的協議に基づき行われるものであって、県が当該契約の締結に関与することはなく、県が設置に関して保証等の責任を負うものではありません。

4設置

設置後、「電力販売」の場合は発電された電気のうち使用した分の電気料金、
「リース」の場合は使用料の支払いが必要になりますが、
その料金が安くなるように、県が事業者に対して補助しています。

「0円ソーラー」
プラン選択・資料請求

設置を検討したい方は、以下の手順により
資料請求を行うことができます。

事業者への電話連絡

下記のリストに掲載している各事業者の電話番号へ連絡することで資料請求を行うことができます。
事業者名 問合せ プランの
種類※1
年齢制限※2 築年数制限 初期費用
0円蓄電池※3
湘南電力株式会社 0465-34-9105 電力販売 70歳未満 41年未満 対応可能
株式会社横浜環境デザイン 令和3年度の募集は終了しました。 電力販売 60歳未満 20年未満
Looop未来発電合同会社 03-5846-2326 電力販売 70歳未満 21年未満
株式会社Looop 03-6631-1107 リース なし 1年未満
TEPCOホームテック株式会社 0120-948-356 リース 65歳未満 40年未満 対応可能
株式会社まち未来製作所 045-264-4502 電力販売 50歳未満 20年未満
京セラ関電エナジー合同会社 0120-33-5582 電力販売 60歳未満 39年未満
株式会社サンコー 0120-939-910 リース 60歳未満 10年未満 対応可能
アンフィニ株式会社 06-6631-3305 電力販売 70歳未満 20年未満
株式会社ダブルボランチ 050-6867-3872 リース なし 40年未満
株式会社メディオテック 03-3226-5500 電力販売 65歳未満 20年未満
株式会社サンエー 0120-359-788 リース 67歳未満 30年未満
※1
プランの種類は「電力販売」と「リース」があります。
「電力販売」…事業者が住宅に太陽光発電設備を無料で設置し、発電された電気を当該住宅所有者などに販売するもの
「リース」…太陽光発電設備を事業者が代わりに購入・設置し、住宅所有者は太陽光発電設備の使用料を毎月支払うもの
※2
年齢制限については例外もあります。詳しくは各事業者にお問い合わせください。
※3
初期費用0円蓄電池はリース等での契約となり、「0円ソーラー」同様、月々の支払いが発生します。

Q&A

0円ソーラーの仕組みについて
Q
「0円で設置可能!」とありますが、本当に初期費用0円で設置できますか?
A
太陽光発電を設置するための初期費用はかかりません。
プランの種類が「電力販売」の場合は、太陽光発電で発電した電力のうち利用した分の電気料金をお支払いいただくことになります。
プランの種類が「リース」の場合は、太陽光発電で発電した電力の利用料金ではなく、太陽光発電のリース代をお支払いいただくことになります。
Q
「契約期間中の維持管理は手間いらず!」とありますが、本当に経費が掛かからないのですか?
A
設置した太陽光発電の所有権が県民の皆様に移るまでは、事業者が管理を行いますので、設備の不具合等があった場合でも経費はかかりません。(途中で契約を解除するなど、県民の皆様に起因する理由により経費がかかる場合には、負担が生じる場合があります。)
ただし、プランの種類が「電力販売」の場合は月々の電気料金を、「リース」の場合は、月々のリース代を御負担いただくことになります。
Q
設置に条件はありますか?
A
県民の皆様の年齢、設置する住宅の築年数、建物の管理状況(老朽化等)、屋根の形状、屋根の日当たりなどにより、設置ができない場合があります。詳しくは事業者に御相談ください。
Q
「契約期間後は、あなたのものに!」とありますが、これはどういうことですか?
A
太陽光発電を設置する事業者が設置費用を回収するまでは、設備は事業者の所有になります(概ね10年程度)。その後は県民の皆様の所有になります。太陽光発電は、10年経過しても安心して使えます。(ただし、太陽光発電を設置する場合に同時に設置する「パワーコンディショナー」の保証期間は15年程度なので、途中で交換が必要になります。)
Q
太陽光発電を0円ソーラーで設置するのと購入するのでは、どちらがお得ですか?
A
設置する太陽光発電の容量や電気の使用状況などにもよりますが、一般的には、購入した方のメリットが大きいと言われています。なお、県では、より安価に太陽光発電を購入できるよう「共同購入事業」も行っています。購入される場合は、「共同購入事業」の利用も御検討ください。
0円ソーラーのプランについて
0円ソーラーのプラン選択について
太陽光のメリット・
デメリットについて
蓄電池について

事業者の方へ

令和3年度当初予算に計上している「太陽光発電初期費用ゼロ促進事業費補助」の活用を希望する事業者は、「0円ソーラー」へのプラン登録が必要になります。 

プラン登録の詳細はこちら
「太陽光発電初期費用ゼロ促進
事業費補助」の詳細はこちら
get Adobe Acrobat Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
TOP
なお、県を経由しても設置できます

県を経由する場合は、下記の必要事項記載フォームをダウンロードして記載の上、FAXで下記番号に送信してください。
必要に応じて電話や電子メールにより確認をさせていただく場合があります。必要事項記載フォームに記載いただいた情報は御希望の事業者に提供いたしますので、あらかじめお含みおきください。

なお、FAXによる送信が難しい場合は、産業労働局産業部エネルギー課へのお問い合わせフォームからお問い合わせください。請求方法について別途御案内します。※事業者に直接請求する場合は、必要事項記載フォームを使用する必要はありません。