パスポートセンターのトップページ

更新日

代理提出

申請者本人がパスポートセンターの窓口に来られない場合は、代理の方が提出できます。
なお、代理の方は、申請者本人から申請書の「申請書類等提出委任申出書」に記載されている方に限ります。
また、申請書には申請者本人の記入がなければ受付できない「所持人自署」「申請書類等提出委任申出書」欄があります。各申請書ページの記入例を必ずお読みになり、お間違えのないようご確認ください。

代理の方にも必要な書類をご用意いただきますので、必ずページの最後までご覧ください。
10人以上の申請者の書類を代理の方がまとめて提出する場合は「団体申請について」をご覧ください。

代理の方が提出できる申請

次の申請は代理提出ができません

  • 紛失等の届出
  • 申請書おもて面の下にある「刑罰等関係」欄の「はい」にあてはまる方の申請
  • 写真・氏名・生年月日が判別できないほどの著しい損傷があるパスポートの切替申請
  • 前回、パスポートの新規申請、切替申請、記載事項変更申請をして、発行日から6ヵ月以内に受け取りに来なかった方の申請
  • 婚姻、離婚、養子縁組、養子離縁等の届出をしたばかりで新しい戸籍の編製が間に合わず、「受理証明書」で申請する場合
    (ただし、配偶者または二親等以内の親族の方は、代理提出できます。)
  • 居所申請

団体申請について

  • 10人以上の申請者の書類を代理の方がまとめて提出する場合は「団体申請」となり、事前に電話案内センターにご連絡いただく必要があります。
  • 30人以上の団体申請の場合は、原則として申請日の7日前までに予約が必要です。
  • 横須賀出張窓口と平塚出張窓口では団体申請は受付できませんので、ご注意ください。

代理提出に必要な書類等

次の書類を通常の申請に必要な書類一式と一緒に提示・提出してください。
それぞれ決まりがありますので、くわしい説明を必ずお読みになり、お間違えのないようご確認ください。

各申請書の
「委任申出書」欄
に記入

代理人の
本人確認書類

各申請書の「委任申出書」欄への記入
が要らない場合があります

次にあてはまる場合は「委任申出書」欄への記入は不要です。

  • 未成年者のパスポートの申請を、親権を持つ親が代わりに窓口に来て申請する場合
  • 成年被後見人の方のパスポートの申請を、法定代理人が代わりに窓口に来て申請する場合

法定代理人ではない祖父母等が代理提出する場合など、上記にあてはまらない場合は「委任申出書」欄への記入が必要です。次の「各申請書の「委任申出書」欄の書きかた」をご覧ください。

各申請書の「委任申出書」欄の書きかた

申請書の「申請書類等提出委任申出書」に、申請者本人と代理人の双方が必要事項を記入してください。点線より上の申請者記入欄は必ず申請者本人が記入してください。
赤ちゃん等の未就学児で申請者本人が自分で記入できない場合は、親権者が代筆できます。障害などの理由で記入がむずかしい場合は、パスポートセンターにご相談ください。
「申請者本人」とは、パスポートの名義人になる方のことです。
「代理人」「引受人」とは、申請者本人の代わりにパスポートセンターの窓口に来て、申請手続きをする方のことです。

申請書類等提出委任申出書記入例

1記入年月日
申請者本人が申請者記入欄の記入年月日を記入してください。
2引受人指定
申請者本人が引受人(代理人)の氏名、住所、申請者との関係を記入してください。
3記入年月日
引受人(代理人)が引受人記入欄の記入年月日を記入してください。
4連絡先電話番号
引受人(代理人)がご自身の日中連絡可能な電話番号を記入してください。
5生年月日
引受人(代理人)がご自身の生年月日を記入してください。

通常の申請に必要な書類

上記の代理提出に必要な書類等を、通常の申請に必要な書類一式と一緒に提示・提出してください。

新規申請

切替申請

記載事項変更申請

増補申請