神奈川県は、お店や施設が行っている「感染防止対策」を
見える化するシステムを導入いたしました。
ぜひ、お店や施設を利用される方は、「感染防止対策取組書
をご覧頂き、それぞれのお店がどのような感染防止対策を
行っているかを確認してみてください。

令和2年8月26日、感染防止対策取組書を
更新しました!!
既に登録いただいている事業者様で、新たな感染防止対策を
登録された場合、その対策に<New!>と表示され、
対策の強化をアピールできます。

感染防止対策取組書とは?

各お店や施設が取り組んでいる
感染防止対策の内容を表示するものです。
店先に掲示することで
利用者や地域の安心につなげます。

見える化

見える化

店頭にこの取組書が掲出されていることで、ひと目で感染対策に取り組んでいることが分かります。

ガイドラインに準拠

ガイドラインに準拠

各業界団体が作成した業種別ガイドラインに準拠した項目で、対策状況をチェックできます。

LINELINEコロナ
お知らせシステムについて

施設でQRコードを読み込んだ人のうち、濃厚接触の疑いがある人に、保健所からLINEでメッセージを送信する仕組みです。保健所が濃厚接触者を把握するための支援システムです。

  1. 6月1日の19:00頃花子さんがライブハウスAでQRコードを読み込む
  2. 検査陽性者の人が6月1日の19:00頃にライブハウスAを利用していたことが判明 検査陽性者の人が6月1日の19:00頃にライブハウスAを利用していたことが判明
  3. 保健所の判断で花子さんへメッセージ送信
  1. point 01

    感染リスクを疑う場合、
    対象者にLINEメッセージ

    新型コロナに感染された方が発生した際、保健所が同じ施設の利用者に濃厚接触などの感染リスクを疑う場合、対象者にLINEメッセージでお知らせします。

  2. point 02

    スムーズな案内・対応

    メッセージを受け取った方は、メッセージに記載された保健所の連絡先に電話することでスムーズな案内・対応が受けられます。

  3. point 03

    安心して利用できる

    本システムでは、利用者の方の氏名、住所、電話番号は取得・利用しません。また、スマホのGPS位置情報も取得・利用しません。 神奈川県が個別の利用者の来店履歴を閲覧することはありません。

  • Q店舗ごとにQRコードを読み取る
    必要がありますか?
    はい、訪問・利用した店舗やイベント会場ごとに読み取ってください(場所ごとにQRコードは異なります)
  • Q同じ場所であれば、QRコードは
    最初の1回だけ読み取ればよいですか?
    同じ場所であっても、訪問日ごとに読み取る必要があります。お手数ですが、再度、QRコードを読み込んでください。

事業者向け感染防止対策取組書の登録

県民の約80%の方が「ガイドラインに沿った感染者防止対策を実行する業者がもっと増えるべき」と考えており
約75%の方が「どのような感染防止対策を行っているかを、
利用前に知りたい(見える化してほしい)」との回答であった。

  • ガイドラインに沿った感染者防止対策を実行する業者がもっと増えるべき
  • どのような感染防止対策を行っているかを、利用前に知りたい(見える化してほしい)

事業者登録はこちら

パソコン・スマートフォン・プリンタ等を
お持ちでない方は、
県で登録代行を行いますので、
次の問合せ先までご連絡ください。
電話 045-285-1024

CASE

ケーススタディ

  • フィットネスジム INSPA 新横浜

    フィットネスジム INSPA 新横浜

    安心して体を動かせるよう、入館時の検温やマスク着用、ロッカーやマシンの間隔の確保、換気の徹底など、あらゆる対策をしています。

  • YAMAKITAバル (ヤマキタバル)

    YAMAKITAバル (ヤマキタバル)

    人数制限や大皿提供しないなどの対策を実施。山北産生搾りキウイサワーやシカしウマい!数量限定の馬鹿ハンバーグがお勧め。

県民の皆さまへ
神奈川県LINEコロナお知らせシステムの仕組みと登録・利用方法

事業者の皆さまへ
神奈川県感染防止対策取組書の仕組みと登録・利用方法

お問い合わせ

新型コロナウイルス感染症
専用ダイヤル

(平日(9時00分から17時00分))

0570-056774 または 045-285-0536

音声案内につながりますので、
「(4)『LINEコロナお知らせシステム』及びその他」を
選択してください。