神奈川県賃貸住宅供給促進計画

掲載日:2021年3月31日

神奈川県賃貸住宅供給促進計画(以下「本計画」という。)は、「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律」に基づく法定計画として、低額所得者や高齢者といった住宅確保要配慮者(以下「要配慮者」という。)の入居を拒まない賃貸住宅(以下「セーフティネット住宅」という。)の供給目標や登録基準などを定め、平成31年3月に策定しました。本計画は平成31年度から令和7年度までの7箇年を計画期間としています。

本計画では、セーフティネット住宅の登録基準について、「床面積25㎡以上」と定めていますが、空き家の有効活用を図りつつ、要配慮者が安心して暮らせる住宅をより多く確保するため、基準を緩和することとしました。

神奈川県賃貸住宅供給促進計画(平成31年度から令和7年度)


【過去の計画】

神奈川県賃貸住宅供給促進計画 平成31年度から令和7年度(平成31年3月策定)(PDF:3,516KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。