感染防止対策用アクリル板等の貸出について

掲載日:2021年1月18日

~飲食店の営業継続を支援します~

会食時の飛沫感染を防ぐためには、アクリル板により遮蔽し、飛沫の拡散を防止する、飛沫を換気により排出する、そして、加湿により浮遊する飛沫を減らすことが有効と言われています。

そこで、県では、このたび、「アクリル板」、「サーキュレーター」、「加湿器」、「CO2濃度測定器」を緊急的に無償で貸し出すこととしましたので、お知らせします。

アクリル板を設置する事は、会食時に会話による飛沫を浴びないようにするために重要と言われています。まだ設置されていない方は、来店者を守るためにも、ぜひこの貸付にお申込みください。

 

【現在の申込受付状況】

・アクリル板:受付中

・サーキュレーター:受付中

・加湿器:受付中

・CO2濃度測定器:受付中

 

【注意】貸出には、事前に申込みが必要です。お申込みなしで直接会場に来ていただいても、貸出はできません。

新着情報

2021年1月18日 1月18日(月)午前9:00から「サーキュレータ」、「加湿器」「CO2濃度測定器」の申込受付を再開しています。

2021年1月14日 アクリル板に限り追加貸出を受け付けます。

2021年1月14日 アクリル板の足のイメージを掲載しました。

2021年1月14日 本事業でアクリル板を購入された事業者を掲載しました。

2021年1月5日 1月6日(水)午前9:30から、「アクリル板」の無償貸出会場として、厚木(県央地域県政総合センター)を追加しています。

申込方法(貸出場所により異なります)

貸出には、事前に申込みが必要です!当日貸出は受け付けておりませんので、必ず事前に、下記の申込みフォームまたは電話にて申込みをお願いします。

  横浜 厚木
貸出場所

会場:かながわ労働プラザ

住所:横浜市中区寿町1-4

アクセス(別ウィンドウで開きます)

会場:厚木合同庁舎4号館

住所:厚木市水引2-3-1

アクセス(別ウィンドウで開きます)

貸出物品 アクリル板、サーキュレーター、加湿器、CO2濃度測定器

アクリル板のみ

(注意)サーキュレータ、加湿器、CO2濃度測定器については、横浜の申し込みフォーム※から申請ください。

申込フォーム

・電子申請は利用者登録をせずにお申込みいただけます。

barcode0118申込みはこちら(別ウィンドウで開きます)

・電話による申込みを希望される場合は、下記、問合せ先にご連絡ください

電子申請は利用者登録をせずにお申込みいただけます。

QR申込みはこちら(別ウィンドウで開きます)

 

 

問合せ先

アクリル板等貸出会場(横浜)

電話:080-7486-6356、

080-7486-6347、080-7486-6343

受付時間:平日9時30分から12時00分/14時00分から16時00分

県央地域県政総合センター

電話:046-224-4213(直通)、

046-224-1111(代表)

受付時間:平日9時30分から12時00分/14時00分から16時00分

  • 希望される貸出場所(横浜、厚木)の申込みフォームまたは電話にて、申し込みください。
  • 貸出は先着順になります。

<申込後の流れ>

・お申込み後、事務局で在庫を確認し、貸出日時について、電話またはメールにてご連絡をさせていただきます。電子申請の場合も、電話またはメールにてご連絡します。

・同時に複数の電話で受付をしているため、お申込みいただいても、在庫がなくなってしまう可能性があります。その場合、すぐにご連絡します。

※事業開始直後は、申込みが非常に混み合うことが想定されますので、ご連絡には、数日かかる場合があります。

※ご連絡は、各貸出場所の問合せ先の携帯電話等からご連絡させていただくことがあります。

対象となる事業者

1 対象事業者

 県内の飲食店 ※飲食店又は喫茶店営業許可書を有する事業者に限ります。

2 追加貸出について

  • 一度、貸出を受けた方でも、アクリル板に限り、同じテーブルで会話する人と人との間に設置いただく場合、追加貸出を受けることができます(1事業者、上限100枚まで)。
  • ただし、他の物品(サーキュレーター、加湿器、CO2濃度測定器)については、再度貸出を受けることはできません。

貸出物品(仕様)

1 アクリル板(足あり、可動式)18,000枚<受付中>横浜、厚木

  ※1事業者あたり、アクリル板100枚を上限とします。

  1605839257160.jpg  DSC_0060 写真はイメージです。

      仕様:サイズ/W500mm×H600mm、W600mm×H600mm(主に横並び席の遮蔽に使用)

     ※いずれも厚さ3mm

     ※アクリル板1枚につき、脱着式の足が2つ付きます。

  貸出後の売渡価格はこちら

2 サーキュレーター 400台 ※必ずしも同一製品ではありません<受付中>横浜のみ

  ※1事業者あたり、サーキュレーター2台を上限とします。なお、製品の指定はできません。

  sakyu01-2.jpg 写真はイメージです。

  仕様:サイズ/W250~400mm×H180~354mm×D180~232mm、

     羽根数/3枚、首振り機能有り(左右自動、上下手動)、

     適用床面積(目安)/14㎡~36㎡、電源AC100V

  貸出後の売渡価格はこちら

3 加湿器(床置型) 400台 ※必ずしも同一製品ではありません<受付中>横浜のみ

  ※1事業者あたり、加湿器2台を上限とします。なお、製品の指定はできません。

      kashitu-2.jpg 写真はイメージです。

  仕様:サイズ/W325mm×H322mm×D165mm、適用床面積(目安)/最大14㎡、

     加湿量/300ml/h、タンク量/2.4ℓ、電源AC100V

  貸出後の売渡価格はこちら

4 CO2濃度測定器 600台 ※必ずしも同一製品ではありません<受付中>横浜のみ

  ※1事業者あたり、CO2濃度測定器1台を上限とします。なお、製品の指定はできません。

CO2monitor写真はイメージです。

 仕様:サイズ/W83mm×H83mm×D32mm、CO2測定量 0~5000ppm、

 USB充電式(USB電源アダプター付き) ※空間全体で測定するものではなく、機器周辺を測定するものです。

 貸出後の売渡価格はこちら

 

・1事業者あたり、アクリル板100枚、サーキュレーター2台、加湿器2台、CO2濃度測定器1台を上限とします。

※1店舗あたりではありませんので、ご注意ください。

貸出期間

・貸出期間は6週間になります。

・貸出期間中に、県からご連絡し、貸出期間終了後4分の1の価格で購入するか、返却するかを選択いただきます。

貸出方法

・県からのご連絡後、申請時に選択された場所に取りに来ていただきます。その際、身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード等)と飲食店営業許可証(写し可)をコピーさせていただきますので、必ず持参ください。お忘れの場合、貸出を行うことはできません。

<貸出後の流れ>

・貸出後、4週間から5週間ほどで、事務局より貸出期間終了後の物品の取り扱い((1)4分の1の価格で購入するか、(2)返却するかを選択)について、ご連絡をさせていただきます。

・(1)購入いただく場合は、譲渡申込書※を提出いただいた後、別途、納付依頼書(請求書)をお送りさせていただきます。

  ※譲渡申込書はこちら(PDF:92KB)(別ウィンドウで開きます)

物品名 価格
アクリル板 660円

サーキュレーター大(KCFHM232W)

2,400円
サーキュレーター小(KCFSC121、KCFHM183W) 1,300円
加湿器 4,000円
CO2濃度測定器(TOA-ARMON-001、007) 3,500円
CO2濃度測定器(TOA-CO2MG-001) 3,740円

 

・(2)返却いただく場合は、県と調整いただいた上で、貸出期間終了までに、貸出場所にお持ちいただきます。

貸出場所

  • 必ず、申請時に選択された場所で、物品をお受け取りください。

  注意:選択された場所以外で、物品を受け取ることはできません。

  横浜 厚木(アクリル板のみ)
貸出場所

会場:かながわ労働プラザ

住所:横浜市中区寿町1-4 アクセス(別ウィンドウで開きます)

※かながわ労働プラザには、専用の地下駐車場があり、3台分はご使用いただけますが、満車の場合は、お近くのパーキング等をご利用ください。その際、駐車場代はご自身で負担をお願いします。

会場:厚木合同庁舎4号館

住所:厚木市水引2-3-1 アクセス(別ウィンドウで開きます)

※県央地域県政総合センターには、専用の駐車場がありますが、満車の場合は、お近くのパーキング等をご利用ください。その際、駐車場代はご自身で負担をお願いします。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa