ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 文化・芸術振興 > マグカル(マグネット・カルチャー) > マグカルシアター2021 > ヒカル×劇団天の河神社合同公演「いのり」「静寂の街を抱きしめて」※終了しました

更新日:2022年1月17日

ここから本文です。

ヒカル×劇団天の河神社合同公演「いのり」「静寂の街を抱きしめて」※終了しました

マグカルシアター参加 ヒカル×劇団天の河神社合同公演「いのり」「静寂の街を抱きしめて」(2022年1月14日~15日)の公演情報です。

ヒカル

チラシ両面(PDF:2,769KB)

ご来場の皆様へのお願い

公演情報

あらすじ

ヒカル「いのり」
その悪夢は、なんの前触れもなく訪れた。人々の夢のなかに、月が落ちてきたのである。次の日から、夜は地上に生きるあらゆる人類にとって、眠る為のものではなくなった。秩序の崩壊はとまらない。そして、孤独はとめどなく深まる。「月が落ちた日」から10年。その人は、夜明けとともにやってきた。
作・演出 御法川わちこ
 

劇団天の河神社「静寂の街を抱きしめて」
イギリスの数学者、チャールズ・バベッジが構想した蒸気機関を用いた機械式凡用コンピュータ(解析機関)がもしも1870年までに完成していたならば、世界は蒸気と歯車の街、つまりスチームパンクの世界が現実になっていたという可能性が生まれる。この物語はそんなifと現実の狭間、一冊の御伽話を巡ったある1日の物語(できごと)である____。

作 中島千尋
構成・演出 鳥居和真

出演

「いのり」

雨奥詩奈
キャンディ江口((株)リスター/キャンディプロジェクト)
小早川諄 (TEAM UPDATE)
樹廉次郎
田邊洋介 (TEAM UPDATE)

「静寂の街を抱きしめて」

中島 千尋
宮沢 雪乃
(以上、劇団天の河神社 )
上原 匡貴
岡田健 (TEAM Opcebo)
藤巻 佑衣

日時

2022年1月14日(金曜日)から15日(土曜日)まで

1月14日(金曜日) 13時 19時
1月15日(土曜日) 12時 17時

※上演時間は約100分を予定しております。
※5分間の換気休憩がございます。
※受付開始は開演時間の45分前、開場は30分前です。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※開演時間を過ぎますと入場をお待ちいただく場合がございます。

会場

青少年センター2階 スタジオHIKARI

チケット

一般 3,000円
高校生以下 500円
※「高校生以下」券をご利用の方は、受付に確認できるものをお持ちください。
※劇場公演におきましては感染症対策のため、客席数を大幅に制限しております。お早めのご予約をお願いいたします。

チケット購入

https://www.quartet-online.net/ticket/inorinomachi

主催

神奈川県 ヒカル 劇団天の河神社

このページの先頭へ戻る

青少年センター文化事業のご案内

青少年センタートップページ

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は国際文化観光局 文化課です。