県主催事業申込者のメールアドレスの流出について

掲載日:2020年2月28日
2020年02月28日
記者発表資料

神奈川県が、公益財団法人神奈川芸術文化財団に委託して実施している、シニアダンスのワークショップ「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー」の申込者のメールアドレスの流出がしました。

1 経緯

2月28日(金曜日)
11時26分及び11時33分に、財団内の「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー事務局」担当者が、当該ワークショップの中止等について、申込者に対しメールで連絡しました。その際、メールアドレスをBCC欄に入力すべきところ、誤ってCC欄に入力したため、受信された方が他の申込者のメールアドレスを見ることができる状態になっていました。
「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー」ワークショップの申込者のうち、メールアドレスが流出したのは11名で、11時26分に6名に送信、11時33分に5名に送信しました。
同日11時50分頃、「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー事務局」のスタッフが、メールアドレスを申込者同士で閲覧できる状態になっていることに気付きました。

2 対応

送信先となっていた11名の方に、財団内の「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー事務局」から謝罪をするとともに、メールの削除を依頼しました。
今後は、再発防止に向けた原因究明と併せて、個人情報の厳格な管理がなされるよう、県として指導の徹底等を図るとともに、県及び財団が一体となって再発防止を図ります。

問合せ先

神奈川県国際文化観光局文化課
マグカル担当課長 赤池 電話 045ー285ー0760
課長代理 加藤 電話 045ー210ー3806

 

公益財団法人神奈川芸術文化財団
神奈川芸術劇場 共生共創課長 横山 電話 045ー306ー6811
事務局次長 伊藤 電話 045ー663ー3711