更新日:2022年1月13日

ここから本文です。

音楽のミライ

東京2020 NIPPONフェスティバル Our Glorious Future KANAGAWA2021の音楽のミライ映像です

音楽のミライ

楽しさを分かち合おう!

サルサガムテープのコンサートは、多様性や共生社会を声高にアピールするのではなく、ライブ演奏してサルサガムテープそのものが多様性や共生社会を目の前で具現化しているのです。とびきり自由なライブ空間の中で観客は楽しさを分かち合い、本来必要のなかった心の壁がゆっくり崩れていく、心地よさを体験します。

時をかける韻 〜奇蹟の尺八 三橋貴風〜

尺八の祖先は遠く古代オリエントであったと言う説があります。公演の前半は昔の虚無僧の音楽から上方の地歌、そして武満徹他の現代の音楽、そして後半はギリシャの楽器ブズキ等とのコラボで、音楽の十字路を!

MOVIE / CONTENTS

 

/images/79691/ongaku_sarusa.jpg

楽しさを分かち合おう!

/images/79691/ongaku_mitsuhashi.jpg

時をかける韻〜奇蹟の尺八 三橋貴風〜

 

収録楽曲名

楽しさを分かち合おう!

1.ONABE
2.One Small World
3.アイタイ!
4.バラバラ~水曜日はミソラーメン
5.HAPPY カムカム!
6.ワンダフル世界 with 大山貴善(尺八奏者)
 

時をかける韻 〜奇蹟の尺八 三橋貴風〜

< 第一部 〜古(いにしえ)より未来へ〜 《from Ancient to Future》 >
1 「秘曲 鶴之巣籠(つるのすごもり)《Secret piece Crane Nesting》」
2 「残月(ざんげつ)《Zan-getsu》」
3 「竹籟五章(ちくらいごしょう)《Five pieces for Shakuhachi Chikurai》」
4 「ノヴェンバー ステップス 第十段《November Steps No.10》」
 
< 第二部 〜ギリシャよりTokyoへ〜 《from Greece to Tokyo》 」
5 「オニーロ デメーノ《Oniro Demeno》」
6 「華やぎ《Floweriness》」
7 「神の大地《Requiem for 2021 Earthquake》」
8 「風たちとの出逢い《Come Across the Wind》」
 
【作曲者名】
1 尺八古典本曲(こてんほんきょく)《Shakuhachi Classical Honkyoku》
2 峰崎勾当(みねざきこうとう) 作《Composed by Minezaki-Kohtoh》
3 武満徹(たけみつとおる) 作曲《Composed by Toru Takemitsu》
4 諸井誠(もろいまこと) 作曲《Composed by Makoto Moroi》
5 ギリシャ民謡《Greek Traditional Piece》
6 三木稔(みきみのる) 作曲《Composed by Minoru Miki》
7 手使海ユトロ(てしかいゆとろ) 作曲《Composed by Yutoro Teshikai》
8 同上

【楽器名 及び 演奏者】
尺八(しゃくはち)《Shakuhachi》/三橋貴風(みつはしきふう)《Kifu Mitsuhashi》
三絃(さんげん)《Sangen》/ 福田栄香(ふくだえいか)《Eika Fukuda》
琵琶(びわ)《Biwa》/ 首藤久美子(しゅとうくみこ)《Kumiko Shuto》
二十絃筝(にじゅうげんそう)《20 strings Koto》/ 外山香(とやまかおり)《Kaori Toyama》
尺八(しゃくはち)《Shakuhachi》/水川寿也(みずかわとしや)《Toshiya Mizukawa》
キーボード《Keyboard》/ 手使海ユトロ(てしかいゆとろ)《Yutoro Teshikai》
ブズキ《Bouzouki》/ 伊丹雅博(いたみまさひろ)《Masahiro ITAMI》
竹(たけ)マリンバ《Bamboo Marimba》/ 三宅まどか(みやけまどか)《Madoka Miyake》
パーカッション《Percussion》/ 仙道さおり(せんどうさおり)《Saori Sendo》

プロフィール

楽しさを分かち合おう!

sarusa

ロックバンド
サルサガムテープ
Salsagumtape

ひたすらカッコいいロックがやりたくて27年突っ走っている超天然ロックンロールバンド。1994年にNHK5代目歌のお兄さんだったかしわ哲が、神奈川県の福祉施設を利用する方々に呼びかけて結成。ポリバケツにガムテープを貼った手作り太鼓で自由なリズムセッションを始めた事からバンド名がついた。

oyama

尺八演奏家 スペシャルゲスト
大山 貴善
Kizen Oyama

神奈川県出身。三橋貴風師に師事。 NHK邦楽技能者育成会第55期修了。NHK邦楽オーディション合格。平成31年度三曲新進演奏家研修支援事業研修生修了。 出雲大社 平成の大遷宮奉祝行事、伏見稲荷大社、比叡山延暦寺など寺社仏閣での奉納演奏多数。海外公演も多数実施。イタリア・ミラノ NO'HMA劇場国際演劇賞にて観客賞受賞。


時をかける 韻(ヒビキ) 〜奇蹟の尺八 三橋貴風〜

/images/79691/mitsuhashi.jpg

尺八奏者
三橋 貴風
Kifu Mitsuhashi

東京に生まれる。 琴古流尺八を佐々木操風氏に、普化尺八古典本曲を岡本竹外氏及び郡川直樹氏に師事。 1980年「三橋貴風第一回尺八リサイタル」により文化庁芸術祭優秀賞を、1981年大阪文化祭賞を受賞し、1989年にソロリサイタルにより文化庁芸術祭賞を受賞。以降も、紫綬褒章、旭日小綬章の受章をはじめ、文化庁や文部科学省といった国からの文化芸術に関する数々の賞を受賞。 1991年より、アメリカNYカーネギーホールをはじめ、ヨーロッパ各地での公演で絶賛を博した。 現在までベルリン・ドイツ交響楽団、BBC交響楽団、サイトウキネン・オーケストラ等と武満徹作曲「ノヴェンバー・ステップス」を計37回協演。海外及び国内でのリサイタルは190回を数える。 現在、旧京都明暗寺所傳古典本曲を相良保之氏に師事中。 また邦楽啓蒙プロジェクト「デーモン閣下の邦楽維新Collaboration」をプロデュース展開し、22年目を迎えた。 琴古流尺八貴風会家元。日本三曲協会会員。琴古流協会会員。大阪音楽大学客員教授。現代邦楽“考”代表。

 

/images/79691/itami.jpg

ブズキ奏者
伊丹 雅博
Masahiro ITAMI

ギター及び様々な民族楽器でレコーディング、CM音楽作編曲と同時に服部克久、coba、三宅純、東儀秀樹、古澤巌などヨーロッパ、北京、台湾、N.Yカーネギーホールコンサートに参加。 自身のアルバムは“a deux” & “A Day In Tokyo”を発表。現在、 studio中心に活動。(敬称略)

 

/images/79691/miyake.jpg

竹マリンバ奏者
三宅 まどか
Madoka Miyake

国立音楽大学打楽器専攻を首席で卒業し、武岡賞を受賞。マリンバ奏者として各地で公演を行う。竹の音色に魅せられ、2009年に東京楽竹団に入団。 2011年、東京都公認ヘブンアーティストのパフォーマーとなる。 読売カルチャー柏マリンバコース講師。

 

/images/79691/teshikai.jpg

キーボード奏者
手使海 ユトロ
Yutoro Teshikai

映画、アニメや様々なアーティストの作曲、編曲を担当。1993年頃より相次いで発表されたデジタルコンテンツの音楽担当として脚光を浴びた。大陸的で幻想的な音楽を構築するアンビエント音楽の作曲家。代表曲に「風たちとの出逢い(世界ウルルン滞在記テーマ)」、組曲「大陸幻想」「東方見聞録」などがある。

 

/images/79691/mizukawa.jpg

尺八奏者
水川 寿也
Toshiya Mizukawa

現代邦楽作曲家連盟会員。 NHK邦楽技能者育成会28期卒。香川大学にて都山流尺八を岡田諦山に師事。 2000年から邦楽曲の作曲を始め、処女作が宮城会コンクール入賞、また現代邦楽として初めて「全日空」の機内音楽チャンネルに選ばれる。 作曲のみならず「細川たかし」「コロッケ」ツアーサポートメンバーなど多方面に演奏でも活躍。

 

/images/79691/toyama.jpg

二十絃筝奏者
外山 香
Kaori Toyama

三歳より箏を始める。沢井忠夫、川村昌子、中山いずみに師事。NHK邦楽技能者育成会卒業。1989年文化庁国内研修員終了。横浜交響楽団600回記念公演、神奈川フィルハーモニーの公演にソリストとして出演。2010年、横浜で開催されたAPECレセプションにて演奏。NHK TV「芸能花舞台」に出演。2009年より「デーモン閣下の邦楽維新Collaboration」にレギュラー出演。国内外でリサイタルを開催。現在は沢井筝曲院教授。国内外に於いて演奏活動を行う傍ら、教授活動を行う。

 

/images/79691/syutou.jpg

琵琶奏者
首藤 久美子
Kumiko Shuto

東京音楽大学卒業。薩摩琵琶を田中之雄氏に師事。NHK邦楽技能者育成会43期修了。NHK邦楽オーディション合格。第39回日本琵琶楽コンクール第1位、文部科学大臣賞・日本放送協会賞受賞。武満徹「ノヴェンバー・ステップス」を三橋貴風氏と演奏。 NHK FM・TV、国立劇場主催公演等出演。海外公演多数。東京音楽大学非常勤講師。

 

/images/79691/sendou.jpg

パーカッション奏者
仙道 さおり
Saori Sendo

5歳よりドラムを学び、東京音楽大学附属高校を卒業後ラテンパーカッションを学ぶ。 主な共演者に葉加瀬太郎、長谷川きよし、古澤巌、東儀秀樹、大野雄二 など。 今までにCD、教則DVD、教則本もリリースしており、オリジナルシェイカーも好評発売中!

 

/images/79691/fukuda_1.jpg

地歌演奏家
福田 栄香
Eika Fukuda

祖父母に尺八名手三世荒木古童と三ッの音会初代家元福田栄香、父に福田種彦を持つ。三歳で初舞台。1993年(史上最年少記録)、1997年文化庁芸術祭優秀賞。2008年文化庁文化交流使。2009年二代福田栄香を襲名。2014年伝統文化ポーラ賞。(公社)日本三曲協会理事、生田流協会理事、三ッの音会三代目家元。

 

このページに関するお問い合わせ先

国際文化観光局 文化課

国際文化観光局文化課へのお問い合わせフォーム

マグカル推進グループ

電話:045-285-0220

内線:3826

このページの所管所属は国際文化観光局 文化課です。