新たな観光の核づくり事業/観光の核づくり事業とは

掲載日:2020年5月8日

新たな観光の核づくり(平成24年度から令和元年度)

神奈川県では、横浜・箱根・鎌倉に次ぐ「新たな観光の核」候補地域として、城ヶ島・三崎地域(三浦市)、大山地域(伊勢原市、秦野市、厚木市)、大磯地域(大磯町)の3地域を認定し、海外にも強力に発信できる"新たな観光の核づくり"を進めてきました。

観光の核づくり(令和2年度以降)

「新たな観光の核づくり」を進めてきた地域に、今後も観光客を呼び込み、国際的な観光地とするためには、これまで発掘し、磨き上げてきたコンテンツを更に活用していくとともに、観光で稼ぐ力をつけ、自走化するための取組が必要です。

神奈川県では、令和2年度以降をネクストステージと位置づけ、地域が民間企業等と連携して主体的に推進する取組を「観光の核づくり」とし、支援を行います。

 

かなかなかぞくは、動画で県の施策を分かりやすく、楽しく紹介しています。
 

新たな観光の核候補地域PRポスター

観光ガイドブック「神奈川新発見」(平成31年発行)

城ヶ島・三崎地域(三浦市)、大山地域(伊勢原市、秦野市、厚木市)、大磯地域(大磯町)の魅力を日本語と英語で紹介しています。
横浜、鎌倉、箱根とともに1泊2日で周遊するモデルルートも紹介しています。
詳細は、観光ガイドブック「神奈川新発見」をご覧ください。

神奈川新発見(平成31年2月発行)
観光ガイドブック「神奈川新発見」

各地域のPR映像

各地域の事業計画

城ケ島・三崎地域写真城ケ島・三崎地域

大山地域写真大山地域

大磯地域写真大磯地域


関連サイト

/images/11663/622103.jpg(横須賀三浦県政総合センター)

/images/11663/621791.jpg(湘南地域県政総合センター)

/images/11663/630323.jpg(大磯市実行委員会)

/images/11663/621792.jpg(神奈川県観光協会)
横浜・箱根・鎌倉を含む神奈川県全体の観光案内です 

これまでの取組