ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 令和3年度 障がいのある人を対象とした神奈川県職員[実習助手(総合)]等採用選考の実施について

更新日:2021年8月25日

ここから本文です。

令和3年度 障がいのある人を対象とした神奈川県職員[実習助手(総合)]等採用選考の実施について

2021年08月25日
記者発表資料

県教育委員会では、障がいのある人を対象とした県立学校教育職員[実習助手(総合)]、県立学校教育職員[実習助手(専門教科)及び寄宿舎指導員]を募集します。県立学校で教育に関わる一員として活躍してみませんか。

1 採用予定者数

(1)障がいのある人を対象とした県立学校教育職員[実習助手(総合)]

7人程度

(2)県立学校教育職員[実習助手(専門教科)及び寄宿舎指導員]

職種 実習助手(専門教科) 寄宿舎指導員

採用予定

教科(科目)

人数

工業(機械) 1人

工業(電気) 2人

工業(建設) 1人

農業(園芸) 2人

農業(畜産) 1人

2人

一般選考の他に「障がいのある人を対象とした特別選考」として、上記の(2)の職種を対象に1人程度募集します。(なお、募集人数は、全体数に含まれます。)

 

2 職務内容

(1)障がいのある人を対象とした県立学校教育職員[実習助手(総合)]

県立高等学校における理科、家庭のほか各教科の実験、実習等について、教諭の職務を助ける。

<具体的な職務内容>

  • 理科実験の教材準備や片付け、実験補助
  • 情報科におけるICT機器の準備、管理及び実習補助
  • 家庭科における調理実習や被服実習の補助
  • 美術、体育等その他教科の教具準備や片付け、実習補助

その他の業務として、資料作成、印刷業務、会計業務等があります。

(2)県立学校教育職員[実習助手(専門教科)及び寄宿舎指導員]

(ア)実習助手(専門教科)

県立高等学校における実験又は実習について、教諭の職務を助ける。

<具体的な職務内容>

工業(機械・電気・建設)
  • 工業実習の教材の維持管理・準備や片付け、教諭の教科指導補助
  • 工業実習に係る施設・設備の整備及び管理

その他の業務として、資料作成、印刷業務、会計業務等があります。

農業(園芸・畜産)
  • 農業実習の教材の維持管理・準備や片付け、教諭の教科指導補助
  • 農場、畜舎等の維持管理
  • 農作物等の維持管理

その他の業務として、資料作成、印刷業務、会計業務等があります。

(イ)寄宿舎指導員

県立特別支援学校の寄宿舎における幼児、児童又は生徒の日常生活の支援及び生活指導に従事する。(宿直勤務あり)

<寄宿舎のある特別支援学校>

平塚盲学校(平塚市)、平塚ろう学校(平塚市)

 

3 受験資格

(1)昭和37年4月2日から平成16年4月1日までに生まれた人

(2)地方公務員法第16条の規定に該当する人、及び平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている人(心神耗弱を原因とするものを除く。)は受験不可。

外国籍の人も受験できます。ただし、外国籍の人で就労が制限される在留資格の人は受験できません。

障害のある人を対象とした県立学校教育職員[実習助手(総合)]採用選考及び県立学校教育職員[実習助手(専門教科)及び寄宿舎指導員]採用選考における「障がいのある人を対象とした特別選考」では、上記(1)・(2)に加えて、次の(3)に該当している必要があります。

 

(3)次のいずれかに該当する人

  • 身体障害者手帳の交付を受けている人
  • 身体障碍者福祉法第15条の規定により都道府県知事の定める医師(以下「指定医」という。)、労働安全衛生法第13条に規定する産業医又は人事院規則10-4(職員の保健及び安全保持)第9条第1項に規定する健康管理医その他これに準ずる者が作成した、障害者の雇用の促進等に関する法律別表に掲げる身体障害者を有する旨の診断書又は意見書(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう若しくは直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫又は肝臓の機能の障害については、指定医が作成した診断書又は意見書に限る。)の交付を受けている人
  • 都道府県知事、政令指定都市市長又は中核市市長が発行する療育手帳の交付を受けている人
  • 知的障害者更生相談所、児童相談所、精神保健福祉センター、障害者職業センター、精神保健指定医により知的障害があると判定された人
  • 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人

いずれも申込時までに手帳の交付を受けている人、または知的障害があると判定された人が対象です。

 

4 申込期間

令和3年9月16日(木曜日)から9月29日(水曜日)

 

5 選考日

(1)第1次選考

日時:令和3年10月24日(日曜日)

会場:神奈川県立神奈川総合高等学校(横浜市神奈川区平川町19-2)

(2)第2次選考

日時:令和3年11月下旬から12月上旬(予定)

会場:第1次選考合格通知に記載します

6 考査種目

(1)障がいのある人を対象とした県立学校教育職員[実習助手(総合)]

  選考方法 内容
第1次選考 教養考査 高等学校卒業程度(択一式)
専門考査 高等学校卒業程度の職種に応じた専門的内容についての筆記考査(択一式)
第2次選考 人物考査 個人面接

(2)県立学校教育職員[実習助手(専門教科)及び寄宿舎指導員]

  選考方法 対象 内容
第1次選考 教養考査 共通 高等学校卒業程度(択一式)
専門考査

実習助手

(専門教科)

高等学校卒業程度の職種に応じた専門的内容についての筆記考査(択一式)
論文 寄宿舎指導員 指定された課題についての論文(800文字程度)
第2次選考 人物考査 共通 個人面接

7 合格者の発表

(1)第1次選考

令和3年11月12日(金曜日)

(2)第2次選考

令和3年12月中旬(予定)

 

8 採用予定日

令和4年4月1日

 

9 受験案内の配布及び問合せ先

受験案内・申込書は、県庁等で配布するほか、県ホームページで情報提供します。

(1)令和3年度実施 障がいのある人を対象とした神奈川県立学校教育職員[実習助手(総合)]採用候補者選考試験について

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/y4g/cnt/jitsujo/2021/syougaisaiyou.html

(2)令和3年度実施 県立学校教育職員[実習助手(専門教科)及び寄宿舎指導員]採用候補者選考試験について

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/y4g/cnt/jitsujo/2021/index.html

 

10 その他

障がいのある人を対象とした県立学校教育職員[実習助手(総合)]採用選考と、県立学校教育職員[実習助手(専門教科)及び寄宿舎指導員]採用選考(「障がいのある人を対象とした特別選考」を含む)の併願はできません。

 

問合せ先

神奈川県教育委員会教育局行政部教職員人事課

課長 羽鹿(はじか)
電話 045-210-8133

副課長 髙橋
電話 045-210-8135

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は教育局 行政部教職員人事課です。