鎌倉市内の県立学校教員の新型コロナウイルス感染症患者の発生及び臨時休業について(最終報)

掲載日:2021年4月23日
2021年04月23日
記者発表資料

標記のことについて、4月15日、4月17日、4月18日、4月19日付けで記者発表したところですが、その後、教職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染したことが確認されました。また、4月20日に実施したPCR検査の結果が判明しましたのでお知らせします。

経緯

  • 4月11日に教員の感染について、陽性が判明しました。保健所の調査の結果、教職員及び生徒に濃厚接触者はいませんでした。
  • 4月13日に教員の感染について、陽性が判明しました。保健所の調査の結果、教職員及び生徒に濃厚接触者はいませんでした。
  • 4月15日に教員の感染について、陽性が判明しました。保健所の調査の結果、教職員及び生徒に濃厚接触者はいませんでした。
  • 4月16日に教員の感染について、陽性が判明しました。保健所の調査の結果、教職員及び生徒に濃厚接触者はいませんでした。
  • 4月16日に教職員79名及び生徒378名を対象にPCR検査を実施しました。
  • 4月17日に教職員の感染について、3名の陽性が判明しました。保健所の調査の結果、教職員及び生徒に濃厚接触者はいませんでした。
  • 4月18日に教職員の感染について、4名の陽性が判明しました。保健所の調査の結果、教職員及び生徒に濃厚接触者はいませんでした。
  • 4月16日に実施したPCR検査の結果は、教職員(79名)については、陽性6名、陰性73名でした。教職員の陽性6名のうち、2名は4月17日判明の3名に含まれます。残りの4名は4月18日判明の4名です。生徒(378名)については、陽性6名、陰性372名でした。
  • 4月20日に、4月16日に検査をしていない生徒785名を対象にPCR検査を実施しました。
  • 4月21日に教員の感染について、1名の陽性が判明しました。
  • 4月20日に生徒(785名)を対象として実施したPCR検査の結果は、陽性1名、陰性784名でした。また、この結果とは別に生徒1名の陽性が判明しました。

患者概要

(1)年代:50代

(2)性別:男性

(3)家族構成:妻、子

(4)居住地:横浜市

(5)学校名:神奈川県立大船高等学校

(6)症状、経過:

4月16日 出勤 症状なし 学校でPCR検査実施

4月17日 週休日 症状なし

4月18日 週休日 症状なし 4月16日実施のPCR検査結果陰性が判明

 夜、発熱(37度)

(注記)保健所は4月18日を発症日と確認

4月19日 出勤なし 発熱継続(37.9度)

 県内医療機関を受診 PCR検査実施

4月20日 出勤なし 発熱継続(38.4度)

4月21日 出勤なし 発熱継続(36.6度)

 4月19日実施のPCR検査結果陽性が判明

(7)行動歴:4月17日以降出勤していません。

(8)濃厚接触者:教職員なし 生徒なし

患者発生の状況

  • 教職員12名、生徒8名、合計20名

学校の対応

  • 4月15日以降、臨時休業としています。
  • 生徒の学びを保障するため、学校では課題等による家庭学習を実施しています。
  • 保健所及び学校医の助言等により、引き続き4月28日まで臨時休業とし、専門業者による校内の消毒等の必要な対応を行った上で、4月29日から、これまでの時差通学に加え授業や部活動の時間短縮を行うなど、教育活動を段階的に再開します。
  • 引き続き、学校における新型コロナウイルス感染症の防止対策を図っていきます。
  •  

(注記)患者の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。

問合せ先

(教職員に関すること)

神奈川県教育委員会教育局行政部教職員人事課

県立学校人事担当課長 師岡(もろおか) 電話(045)210-8134

(臨時休業に関すること)

神奈川県教育委員会教育局指導部保健体育課

課長 富澤(とみざわ) 電話(045)210-8300