相模原市内の県立学校教員の新型コロナウイルス感染症患者の発生について

掲載日:2020年12月15日
2020年12月15日
記者発表資料

相模原市内の神奈川県立学校教員が新型コロナウイルス感染症に感染したことが確認されました。

患者概要

(1)年代:30代

(2)性別:女性

(3)居住地:埼玉県朝霞市

(4)学校名:神奈川県立相模原弥栄高等学校

(5)症状、経過:

12月9日 出勤なし 家族のPCR検査結果陽性が判明 濃厚接触者に特定 症状なし

12月11日 出勤なし 悪寒、筋肉痛、頭痛の症状

※保健所は12月11日を発症日と確認

12月12日 週休日 県外医療機関を受診、PCR検査実施 悪寒、筋肉痛、頭痛、喉の痛みの症状

12月13日 週休日 PCR検査結果陽性が判明 頭重感、瞼の腫れ等の症状

12月14日 出勤なし 頭重感、瞼の腫れ、喉の痛みの症状

(6)行動歴:12月8日以降出勤していません。

(7)濃厚接触者:教職員なし、生徒なし

学校の対応

  • 12月14日に保護者へ連絡・説明するとともに、保健所及び学校医の助言等のもと、通常の教育活動を行っています。
  • 引き続き、新型コロナウイルス感染症の防止対策を図っていきます。

 

※患者の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。

 

問合せ先

神奈川県教育委員会教育局行政部教職員人事課

課長 塩田(しおだ) 電話(045)210-8133