過去の試験問題の公開について

掲載日:2021年4月1日

過去の試験問題は、神奈川県庁新庁舎2階「県政情報センター」で閲覧できます。

平成30・31(2019)・令和2年度実施試験の「一般教養・教職専門試験」と「教科専門試験」の「問題」と「正答」及び「配点」、「論文題(令和2年度実施試験を除く)」は、神奈川県庁新庁舎2階の県政情報センター行政資料コーナーで閲覧できます。

必要な場合には、実費でコピーも可能です。

神奈川県庁新庁舎の場所:神奈川県庁案内図

受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜、日曜、祝祭日を除く)

平成31(2019)年度実施試験における論文題について

平成31(2019)年度実施試験における論文題については、次の通りです。

※ 令和2年度実施試験は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、試験時間を短縮して実施する必要があったため、論文試験を中止としました。

小学校 神奈川県では、共生社会の実現へ向けて、これまでの支援教育をより一層充実させていく中で、すべての子どもができるだけ共に学び、共に育つインクルーシブ教育を推進しています。このことについて、あなたの考えを述べなさい。また、そのことを踏まえ、あなたは教師としてどのように取り組みますか。あなたの考えを600字以上825字以下で具体的に述べなさい。
中学校 神奈川県では、共生社会の実現へ向けて、これまでの支援教育をより一層充実させていく中で、すべての子どもができるだけ共に学び、共に育つインクルーシブ教育を推進しています。このことについて、あなたの考えを述べなさい。また、そのことを踏まえ、あなたは教師としてどのように取り組みますか。あなたの考えを600字以上825字以下で具体的に述べなさい。
高等学校 神奈川県では、共生社会の実現へ向けて、これまでの支援教育をより一層充実させていく中で、すべての子どもができるだけ共に学び、共に育つインクルーシブ教育を推進しています。このことについて、あなたの考えを述べなさい。また、そのことを踏まえ、あなたは教師としてどのように取り組みますか。あなたの考えを600字以上825字以下で具体的に述べなさい。
特別支援学校

神奈川県では、共生社会の実現へ向けて、これまでの支援教育をより一層充実させていく中で、すべての子どもができるだけ共に学び、共に育つインクルーシブ教育を推進しています。また「社会に開かれた教育課程」の理念に基づき、「地域とともにある学校づくり」を進めることが求められています。

 これらのことを踏まえ、地域社会と連携し、教育活動を展開することにより、どのような教育的効果が期待できると考えますか。また、特別支援学校の教員としてどのように取り組みますか。あなたの考えを600字以上825字以下で具体的に述べなさい。

特別支援学校
(自立活動担当)
神奈川県では、共生社会の実現へ向けて、これまでの支援教育をより一層充実させていく中で、すべての子どもができるだけ共に学び、共に育つインクルーシブ教育を推進しています。また、特別支援学校は地域における特別支援教育のセンターとしての役割を果たすことが求められています。これらのことを踏まえ、自立活動教諭(専門職・看護師)が教職員チームの一員に加わることで、どのような教育効果が期待できると考えますか。また、教職員チームの一員としてどのように取り組みますか。あなたの考えを600字以上825字以下で具体的に述べなさい。
養護教諭 神奈川県では、共生社会の実現へ向けて、これまでの支援教育をより一層充実させていく中で、すべての子どもができるだけ共に学び、共に育つインクルーシブ教育を推進しています。このことについて、あなたの考えを述べなさい。また、そのことを踏まえ、養護教諭としてあなたはどのように取り組みますか。あなたの考えを600字以上825字以下で具体的に述べなさい。

論文試験の評価の観点について

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa