ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > 職員採用・給与等の状況 > 県の職員採用 > 令和4年度実施 神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験 模擬授業の内容について

更新日:2022年6月22日

ここから本文です。

令和4年度実施 神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験 模擬授業の内容について

令和4年度実施 神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験 模擬授業の内容について

模擬授業の内容について公開しています。

テーマについては、次のとおりです。

令和4年度実施試験 第2次試験 模擬授業のテーマ

小学校 確かな学力の向上をめざし、児童の「主体的・対話的で深い学び」が実現するよう工夫された授業
中学校 確かな学力の向上をめざし、生徒の「主体的・対話的で深い学び」が実現するよう工夫された授業
高等学校 資質・能力を身に付けるためのねらいを明確にした「主体的・対話的で深い学び」が実現するよう工夫された授業
特別支援学校 児童・生徒のキャリア発達を促すための、各教科等の特質および児童・生徒の発達の段階等に応じた「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業
養護教諭

児童・生徒の現状と課題を養護教諭の視点でとらえ、豊かな人間性や健康・体力を育む授業

内容及び留意点は次のとおりです。

〇 受験する校種等・教科(科目)等の授業を行ってください。

〇 授業は教室で行います。机やいすの移動、着替えなどはできません。また、会場の電源は使用できません。なお、危険物(火気、劇薬等)の持込は禁止します。

〇 テーマに沿った1単位時間の授業計画を立て、指導案(注意参照)を作成し、導入から展開にかけての最初の10分間(準備、片付けを含む)を模擬授業として行います。

〇 ペアワーク等、児童・生徒役が対面したり、近づいたりする授業はできません。また、配布物等を児童・生徒役に渡すことはできません。

(注意) 指導案作成等の詳細は、第1次試験合格者に郵送でお知らせしますが、A4サイズの紙片面1枚にまとめてください。受験区分が英語の方は、表面に英語の指導案、裏面に日本語の指導案を作成し、1枚にまとめてください。

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は教育局 行政部教職員人事課です。