市町村の特色的な移住・定住支援(Uターン支援、お試し居住など)

掲載日:2019年4月23日

ページ内目次

神奈川県は、都心まで通勤圏内で、都市の便利さがありながら、海、山、川という自然の魅力も併せ持っています。ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らしませんか。
このページでは平成29年度の年度末にも実施している市町村の特色的な移住・定住支援を一つずつ掲載しています。詳細は各市町村のウェブサイトをご覧ください。

神奈川県内市町村

神奈川県内市町村地図

神奈川県の鉄道・道

東京駅から横浜駅まで、JR東海道線で約25分、茅ヶ崎駅まで約54分、品川駅から横須賀中央駅まで、京浜急行で約43分、三崎口駅まで約70分、新宿駅から小田急ロマンスカーで、本厚木駅まで約42分、箱根湯本駅までは約85分、東京駅から小田原駅まで新幹線で約35分といったように、東京までのアクセスが良好な土地柄です。
車では東名高速道路東京ICから横浜横須賀道路横須賀ICまで53km・約38分、東名高速道路東京ICから圏央道相模原愛川ICまで46km・約31分、東名高速道路東京ICから新湘南バイパス藤沢ICまで49km・約34分、東名高速道路東京ICから西湘バイパス箱根口ICまで67km・約54分といったように車でのアクセスも良好です。
圏央道が開通したことにより、成田空港から湘南エリアまで都心を経由せずに直結で行くことができます。
鉄道、道路マップは、下のリンクの神奈川県観光ガイドブックに掲載された地図で確認できます。
神奈川県観光ガイドブック全体マップP2-3(PDF:875KB)
注意:エリアの分け方は移住・定住PR動画とは異なります。

Uターン支援(50音順

神奈川県内には、Uターン支援を行っている市町村があります。
以前住んでいた神奈川県で、また暮らしてみませんか。
松田町では、実際にUターン移住した方のインタビュー記事も掲載しています。

愛川町綾瀬市二宮町松田町横須賀市

愛川町(平成30年3月1日

三世代同居住宅取得・改修補助金
親の世帯や子の世帯が愛川町に転入または町内転居をして、三世代で同居するために愛川町内で持家を取得(新築または売買)または改修する場合に、費用の2分の1を補助します(上限は取得30万円、改修20万円)。

綾瀬市(平成30年3月1日現在

三世代ファミリー定住支援補助金
出産予定を含む中学生以下の子どもがいる子世帯と親世帯が、綾瀬市内で同居か別に居住するための住宅取得・リフォーム費用の一部を補助します。

二宮町(平成30年3月1日現在

同居・近居推進事業補助金
子・孫世帯が町外から転入して親世帯または祖父母世帯と同居したり町内に近居したりする方に、一定の要件を満たせば、住宅の取得、改修、賃貸住宅への引越しのいずれかについて費用の一部を補助します。

松田町(平成30年3月1日現在

二世帯同居等支援奨励金交付制度
松田町内に1年以上居住している親世帯との同居や近居のため、新たに住宅を取得する子世帯に対して奨励金を交付します(交付金額:同居30万円、近居20万円)。

松田町Uターン移住者インタビュー

東京で仕事をしながら、大事な家族と、健康的で文化的な時間を過ごしたい人には、大変魅力的なまちであること、水が美味しく、山も海も近くて、気候が良いことや、地域の人が優しくて、子どもたちが道を歩いているだけでも野菜をくれたり見守りをしてくれることなどをお話しています。

転入者インタビューーふるさと松田「おかえりなさい。」ー

横須賀市(平成30年3月1日現在

2世帯住宅リフォーム助成制度
横須賀市内の一戸建て住宅に住む親世帯が、横須賀市外から転入する子ども家族と同居する場合、リフォーム費用の2分の1、最大30万円を助成します。

このページの先頭へ戻る

お試し居住(50音順

神奈川県内では、一定期間市町村が用意した住宅に滞在していただくお試し居住を行っている市町村があります。

大井町真鶴町山北町

大井町(平成30年3月1日現在

お試し住宅
大井町への移住を考えている方に、町内の風土や日常の暮らしを体験いただき、大井町への移住をサポートするため、「お試し住宅」を整備して、移住体験希望者を募集しています。

真鶴町(平成30年3月1日現

くらしかる真鶴-真鶴町お試し移住体験事業-
移住希望者に、1週間から2週間の期間、移住に向けた生活体験をしていただきます。

山北町(平成30年3月1日現在

お試し住宅「ホタルの家」
一定期間町に滞在し、町の地域性や気候・生活を体験していただくお試し住宅「ホタルの家」を実施しています。春には桜並木、夏に蛍、秋には紅葉、冬には囲炉裏を囲んだ暮らし方など、山北の良さを体感できます。

待機児童ゼロ

平成28、29年度と続けて待機児童がゼロです。

このページの先頭へ戻る

住宅支援(50音順

清川村中井町箱根町湯河原町

川村(平成30年3月1日現在)

村営住宅(子育て世代型住宅)

子育て世帯向けに、新築の賃貸住宅の入居者を募集しています。

待機児童ゼロ

平成28、29年度と続けて待機児童がゼロです。

中井町(平成30年3月1日現在

子育て・若年夫婦世帯空き家改修事業補助金
中井町に定住する目的で空き家を取得し、住宅の改修をしようとする子育て世帯および若年夫婦世帯に対して、その費用の2分の1を補助します(上限100万円)。

待機児童ゼロ

5年以上にわたり待機児童がゼロです。

箱根町(平成30年3月1日現在

箱根町民間賃貸住宅家賃補助制度
箱根町内の民間賃貸住宅に入居する新婚世帯または転入若者世帯に家賃の一部を補助します。

待機児童ゼロ

5年以上にわたり待機児童がゼロです。

湯河原町(平成30年3月1日現在

湯河原町結婚新生活支援事業

結婚新生活を始めるための費用を助成します。

移住者受入連携企業の紹

三浦市(平成30年3月1日現在

移住者受入連携企業の紹介

「移住者受入連携企業」は、移住者の方も積極的に受け入れる意向のある企業のことです。移住希望者から三浦市内での就職や移住の相談をされた際に、移住希望者の希望内容に応じて企業情報をご案内しています。

待機児童ゼロ

国基準の待機児童ゼロを現在まで毎年維持しています。(ほかに利用可能な保育所等の情報の提供を行ったにも関わらず、特定の保育所を希望して待機している場合には、待機児童数には含みません。)

移住ツアー

相模原市緑区(平成30年3月1日現在

藤野里山体験ツアー
第7回かながわ観光大賞で審査員特別賞を受賞したツアーです。
相模原市緑区藤野在住の家族といっしょに、藤野ライフを気軽に体験できるツアーです。どんな作業をして、どんなメニューになるのかは、受入れ家庭や季節、天候によってさまざまです。

奨学金返還補

海老名市(平成30年3月1日現在)

奨学金返還補助事業
奨学金の返還を行っている29歳以下の方で、平成29年1月2日以降に転入した方、もしくは世帯最上位所得者の前年の所得が300万円以下の方に補助します。

このページの先頭へ戻る

神奈川県内市町村の移住・定住支

このページに記載した支援以外にも、市町村はさまざまな支援を行っています。神奈川県内33の市町村の移住・定住支援、空き家バンク、住宅支援、子育て支援、就職・創業支援を項目ごとに掲載しています。

市町村別市町村移住・定住支援1(50音順)(愛川町から大井町)へのリンク

市町村別市町村移住・定住支援2(50音順)(大磯町から葉山町)へのリンク

市町村別市町村移住・定住支援3(50音順)(平塚市から横浜市)へのリンク

移住相談・イベ

ちょこっと田舎・かながわライフ支援センター

ちょこっと田舎・かながわライフ支援センターへの画像ボタン専属相談員が、神奈川県内市町村の魅力の紹介や移住にあたっての不安等に対応いたします。
このウェブサイト、フェイスブックには移住イベントの情報も掲載されています。

東京都千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館8階(JR有楽町駅前)
NPO法人ふるさと回帰支援センター

電話:070-4127-5905(相談員直通)
e-mail:kanagawa@furusatokaiki.net
【開所時間等】
火曜日から日曜日(月曜日は定休)の10時から18時
※祝日、夏季休業期間、年末年始もお休みです。

ちょこっと田舎・かながわライフ支援センターフェイスブック

移住・定住情報(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

移住・定住PR動画、移住に役立つ窓口、市町村移住・定住情報ページ、神奈川県の鉄道・道路マップなどの掲載ページへのリンクです。

写真移住・定住情報(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)へのリンク

移住・定住情報(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

移住者の声(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

地域版神奈川県移住・定住PR動画に出演していただいた、移住してきた家族のインタビュー動画・記事を掲載しています。
「森や海の前で暮らす心地よさ」、「朝サーフィンをしてから都内に通勤できる利点」、「家の近くで買うことができる採れたての魚や、自家栽培した採れたて野菜のおいしさ」など神奈川へ移住した魅力についてお話いただいております。
神奈川県内市町村に移住してきた方々などへのインタビュー記事へのリンクも掲載しています。
写真:移住者の声(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)へのリンク

移住者の声(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa