神奈川県内市町村の移住・定住支援3

掲載日:2020年2月4日

神奈川県内市町村地図

このページでは、色のついた市町村の主な移住・定住支援を掲載しています。

市町村移住・定住支援3の地図

市町村別市町村移住・定住支援3(50音順)(平塚市から横浜市)

移住・定住希望者向けに関連する主な支援策を掲載しているため、市町村によっては、掲載していない支援などもあります。
詳細は各市町村のウェブサイトをご覧ください。

市町村別市町村移住・定住支援1(50音順)(愛川町から大井町)

市町村別市町村移住・定住支援2(50音番)(大磯町から葉山町)

塚市

平塚市の主な移住・定住支援(令和2年1月28日現在)
移住・定住支援

移住・定住情報ページ:湘南で子育てするなら平塚市

平塚の魅力を紹介するムービーや子育ての情報など、平塚への移住をおススメするさまざまな情報を掲載しています。

子育て支援

小児医療費助成
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。小学校1年生以上は所得制限があります。
子育て世代包括支援センター「ひらつかネウボラルーム はぐくみ」

ネウボラとはフィンランド語で「アドバイスの場」という意味で、フィンランドで普及している子育て支援体制のことです。
妊娠期から出産、子育て期までの、切れ目のない支援を目的に、保健師、助産師や保育士などの専門職員を配置し、相談や情報提供、支援へつなぐための窓口です。
保育士就職支援金貸付事業
平塚市内へ転入し、市内の私立保育所、幼保連携型認定こども園に保育士等又は保育教諭として就職した方を対象に最大100万円の支援金貸付をします。
保育業務に5年間継続従事した際は、貸付金の返還を全額免除します

就職・創業支援

就労相談
就職面接対策や履歴書の添削等にも応じる就労相談会を定期的に開催しています。

起業創業支援
産業競争力強化法に基づき、創業促進を目的に、平塚市が関係機関と連携して策定した「創業支援事業計画」に基づき、平塚市内の創業予定者や創業間もない事業者への支援を行っております。

農業支援ワンストップ相談窓口

行政・農業委員会・農業協同組合が組織した「ワンストップ窓口」で、新規に農業を始めたいなどの農業相談を受けています。

沢市

藤沢市の主な移住・定住支援(令和2年1月28日現在)
移住・定住支援 「キュンとするまち。藤沢」
藤沢市民が魅力的な写真や動画を自由に投稿し、それらを紹介するコンテンツ「#ふじさわキュン♡あつめ」や藤沢市に興味や関心がある人々が藤沢を応援するコミュニティ「ふじさわファンクラブ」等を紹介しています。
住宅支援 勤労者住宅資金利子補助
自己の居住用として市内に住宅を購入、建築するための資金を借り入れたとき、これにかかる利子の一部を補助します
子育て支援

「いこーよ」での子育てに関するイベントや施設情報の発信

2018年3月12日より、アクトインディ株式会社のお出かけ情報サイト「いこーよ」に藤沢市のイベント情報や施設情報が掲載されています。

 

藤沢市こんにちは赤ちゃん事業-ハローベビィ訪問-
助産師・保健師・看護師が家庭訪問して、赤ちゃんとお母さんの体調などの相談に応じます

就職・創業支援

創業支援プロジェクト
藤沢市内で創業を目指す方や創業して間もない方を、専門家や関係機関と連携して、地域ぐるみで応援しています。

湘南広域連携による新規就農者受入支援及び農地情報の提供
藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町では、新規就農者受入支援態勢の統一化と農地情報の共有化を行っています。

田町

松田町の主な移住・定住支援(令和2年1月28日現在)
移住・定住支援

移住交流体験ツアー
松田町の自然のなかでヨガ教室などを開催し、松田町の自然を肌で感じてもらうツアーを実施しました。リンク先は平成29年度第2回の様子を掲載しています。

ふるさと松田同窓会開催支援助成金

松田町内の小・中学校出身者の方の同窓会開催費用を、町内で利用できる商品券で助成します(出席者数1人につき2,000円を、上限50,000円)。

移住・定住情報ページ:住みたくなる『ふるさと』 ありのままの『松田町』
松田町の紹介、住まいの情報、転入者してきた方のインタビュー、しごと情報、観光情報、子育て支援情報などを掲載しています。

空き家バンク 空き家バンク
住宅支援

二世帯同居等支援奨励金交付制度
松田町内に1年以上居住している親世帯との同居や近居のため、新たに住宅を取得する子世帯に対して奨励金を交付します(交付金額:同居30万円、近居20万円)。

住宅取得促進奨励金交付制度
松田町において住宅を新たに建築または購入した際に、一定の要件を満たす方を対象に住宅取得促進奨励金を交付します(交付金額:10万円)。

民間賃貸住宅家賃補助金交付制度
松田町空家バンクに登録された賃貸物件に入居した対象者に対して、その家賃負担の2分の1を1年間分補助します(上限1万円)。

子育て支援

小児医療費助成
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。

子育て世帯支援事業補助金

2人以上の子どもを養育する保護者に、前年度お支払いいただいた水道料金の基本料金相当額(最大で年間8,424円)を補助します。

ファミリー・サポート松田
地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。松田町内に在住、在勤または在園の方で生後4か月から小学校6年生までが対象です。

就職・創業支援

空き店舗対策補助金(募集終了)

松田町に所在する空き店舗を活用して事業を行う方に対し、月額賃借料の3分の2以内で6か月間補助金を交付します(月額上限5万円)。

このページの先頭へ戻る

鶴町

真鶴町の主な移住・定住支援(令和2年1月28日現在)
移住・定住支援 くらしかる真鶴-真鶴町お試し移住体験事業-
移住希望者に、1週間から2週間の期間、移住に向けた生活体験をしていただきます。
空き家バンク き家バンク
問い合わせ先:真鶴町まちづくり課電話:0465-68-1131
子育て支援

小児医療費助成
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。
子育てサロン

0歳から小学校入学前までのお子さまと保護者を対象に、気軽に集い地域住民との交流を通して子育てを楽しんだり、子育ての不安や悩みを相談したりできる仲間づくりを支えあう活動の場です。

就職・創業支援 特定創業支援事業
創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、真鶴町が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

浦市

三浦市の主な移住・定住支援(令和2年1月28日現在)
移住・定住支援

トライアルステイ(お試し居住)
三浦市への移住を検討されている方に、空き家を活用して短期間のお試し居住を体験していただくことにより「移住のきっかけづくり」を行うプログラムです。

リノベーションまちづくり
空き家等の遊休不動産をリノベーションの手法を用いて再生することで、産業振興、雇用創出、コミュニティ再生、エリア価値の向上などを図る取組みを進めています。
移住・定住情報ページ:みうら暮らし
三浦で「ちょっと暮らしてみる」、「仕事を探す」、「住まいをさがす」、移住関連イベントに「参加する」、移住のことを「相談する」、「先輩移住者の声を知る」などの項目ごとに掲載されています。

空き家バンク 空き家バンク
住宅支援 住宅リフォーム助成事業
市民が市内業者により行う賃貸を除く住宅・マンションの税抜き20万円以上の助成対象工事に一律7万円を助成します。平成29年度は、三浦商工会議所の会員事業者を利用して行う工事に、商工会議所が1万円上乗せして助成します
子育て支援

ひとり親家庭等医療費助成事業

母子家庭の母と児童、父子家庭の父と児童、及び両親のいない児童を養育している養育者と児童(18歳まで)で一定の所得以下の方に対し、医療機関を受診した際の自己負担額(保険適用分)を全額助成します。

学校給食事業
中学校までの完全給食を実施しています。

待機児童ゼロ
国基準の待機児童ゼロを現在まで毎年維持しています。(ほかに利用可能な保育所等の情報の提供を行ったにも関わらず、特定の保育所を希望して待機している場合には、待機児童数には含みません。)

就職・創業支援

移住者受入連携企業の紹介

「移住者受入連携企業」は、移住者の方も積極的に受け入れる意向のある企業のことです。移住希望者から三浦市内での就職や移住の相談をされた際に、移住希望者の希望内容に応じて企業情報をご案内しています。

特定創業支援事業
創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、三浦市が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

農業後継者対策事業
将来予測される農業後継者不足に備え、今後も農業を三浦市の基幹産業として維持・発展させていくため、男女農業者と都市在住者との農業体験型交流イベントの開催(アグリdeデート、農嬢deデート及びアグリde恋来)を支援しています。

足柄市

南足柄市の主な移住・定住支援(令和2年1月28日現在)
移住・定住支援 移住・定住情報ページ:南足柄市シティプロモーションサイト
南足柄市に移住してきた方のインタビュー、空き家バンク、子育て支援情報、教育支援、就農・就業支援、企業支援情報などを掲載しています。
空き家バンク 空き家バンク
子育て支援

南足柄版「出産・子どもネウボラ」
ネウボラとはフィンランド語で「アドバイスの場」という意味で、フィンランドで普及している子育て支援体制のことです。フィンランドの子育て支援をお手本として、平成28年4月より南足柄版「出産・子どもネウボラ」が始まりました。

ファミリー・サポート・センター
地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。南足柄市内に在住、在勤の方で小学校6年生までが対象です。

就職・創業支援 特定創業支援事業
創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、南足柄市が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

北町

山北町の主な移住・定住支援(令和2年1月7日現在)
移住・定住支援

お試し住宅「ホタルの家」
一定期間町に滞在し、町の地域性や気候・生活を体験していただくお試し住宅「ホタルの家」を実施しています。春には桜並木、夏に蛍、秋には紅葉、冬には囲炉裏を囲んだ暮らし方など、山北の良さを体感できます。

 

空き家見学ツアー
町の空き家バンクに登録されている物件(貸家、売家、売地等)の見学、実際に移住した方の話や地域体験などにより、町の魅力や田舎暮らしの楽しさを知っていただくイベントです。

 

移住者交流会

町に移住した方などが集まり、日々の活動についての情報交換や、意見交換を行い、移住者同士の交流を図ることを目的に開催しています。


山北町シティプロモーションページ「山北生活」

やまきた町の情報がギュッとここに!

空き家バン 空き家バンク
住宅支援

新築祝い金
町外から転入、町内で転居する若者・中堅世帯を対象に一世帯につき1回限り転入20万円、転居(世帯分離等)10万円の新築祝金を交付しています。

 

空き家活用助成金
空き家バンクに登録されている空き家を転入して取得・利用を希望される方に対して、その空き家の居住環境の整備に必要な費用を10万円以内で助成しています。

 

勤労者等住宅資金利子補助金
町内に自己住宅を取得するために町が指定下金融機関から融資を受けた方に対して、その支払利子の一部を補助しています。(借上金額の500万円以内を対象に年利2%以内を3年以内)

子育て支援

小児医療費助成
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。

 

子育て世代包括支援センター「すこやか」
専門スタッフが母子健康手帳の発行や妊娠・出産・就学までの切れ目のない子育ての相談等、幅広いサポートを行う身近な拠点として平成29年10月より「すこやか」を開設しました。

 

子育て支援センター
子育てアドバイザーを配置し、子育て世帯の育児の不安や育児情報の提供、子育てサークルの育成・支援を行います。

就職・創業支援 特定創業支援事業
創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、山北町が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、以下の優遇措置を受けることができます。

このページの先頭へ戻る

和市

大和市の主な移住・定住支援(令和2年1月28日現在)
子育て支援

小児医療費助成
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。1歳以上は所得制限があります。
出産費用助成事業

第3子以降のお子さんを出産する夫婦に対し、出産費用の一部を助成します。

大和市ファミリー・サポート・センター

地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。大和市内に在住、在勤の方で生後0日から小学校6年生までが対象です。

就職・創業支援 特定創業支援事業
創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、大和市が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、以下の優遇措置を受けることができます。

河原町

湯河原町の主な移住・定住支援(令和2年1月28日現在)
移住・定住支援

湯河原町結婚新生活支援事業

結婚新生活を始めるための費用を助成します。

移住・定住情報ページ:湯河原町に住もう
プロモーション動画などを掲載しています。

子育て支援

湯河原町ファミリー・サポート・センター事業

地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。湯河原町内に在住、在勤の方で生後3か月から小学校6年生までが対象です。

子育て支援センター

お子さんや保護者の方などの情報交換や交流の場として『子育て支援センター ゆたぽん』を開設しています。センター内には、子育てサロン、ファミリー・サポート・センター、まちづくりボランティア及びあゆみの会があります。

須賀市

横須賀市の主な移住・定住支援(令和2年1月28日現在)
移住・定住支援 魅力発信ウェブサイト:ワクワク横須賀
横須賀市の都市魅力や目指すべき都市像、最重点施策などを発信しているウェブサイトです。移住してきた方のインタビューも掲載しています。
空き家バンク 空き家バンク
子育てファミリー等応援住宅バンク、駅周辺駅周辺谷戸地域空き家バンク、横須賀一芸住宅バンクの3つの区分けがあります。
住宅支援

子育てファミリー等応援住宅バンク
横須賀市の次のページに掲載された物件を子育て世代の方が購入し居住した場合、物件購入費用やリフォーム・解体費用に対して、合計で最大50万円の助成を行います。
2世帯住宅リフォーム助成制度
横須賀市内の一戸建て住宅に住む親世帯が、横須賀市外から転入する子ども家族と同居する場合、リフォーム費用の2分の1、最大30万円を助成します

子育て支援

ハッピーマイプラン事業
横須賀市では、ご結婚されたご夫婦、妊娠出産をご希望されているご夫婦とそのご家族に役立つパンフレットを作成しています。

子育て支援ヘルパー事業

赤ちゃんが産まれたご家庭に、子育て支援ヘルパーが自宅へ伺い、赤ちゃんの沐浴、上の子のお世話、育児の相談、掃除、洗濯、食事作りなどのお手伝いをします。

横須賀市ファミリー・サポート・センター
地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。横須賀市内に在住、在勤または在学の方で生後3か月から小学校3年生までが対象です

就職・創業支援

特定創業支援事業
創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、横須賀市が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

よこすか就職応援ポータルサイト
就職に関するリンク先などを掲載しています。

横浜市

横浜市の主な移住・定住支援(令和2年1月28日現在)
住宅支援

横浜市ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及促進補助制度

ZEHの新築をする横浜市民に対して、費用の一部(最大50万円)を補助します

子育て支援

放課後児童育成事業

小学生の放課後の居場所づくりとして、放課後キッズクラブ事業や、はまっ子ふれあいスクール事業放課後児童クラブ事業等を実施しています。

横浜市地域子育て支援拠点

主に就学前の子どもとその保護者(妊娠中の方を含む)が遊び、交流するスペースの提供、子育て相談、子育て情報の提供などを行う子育て支援の拠点で、利用登録のうえ、無料で利用いただける施設です

就職・創業支援

横浜市就職サポートセンター

横浜市民向けの就職活動の総合案内窓口です。個別相談、セミナー、インターンシップ事業を実施しています。

横浜市創業促進助成金

これから創業を目指す方に対し、創業時に必要となる経費の一部を、最大30万円まで助成します。

このページの先頭へ戻る

市町村別市町村移住・定住支援1(50音順)(愛川町から大井町)

市町村別市町村移住・定住支援2(50音番)(大磯町から葉山町)

移住・定住情報(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

移住・定住PR動画、移住に役立つ窓口、市町村移住・定住情報ページ、神奈川県の鉄道・道路マップなどの掲載ページへのリンクです。

写真移住・定住情報(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)へのリンク

移住・定住情報(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

移住者の声(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

地域版神奈川県移住・定住PR動画に出演していただいた、移住してきたご家族のインタビュー動画・記事などを掲載しています。

写真:移住者の声(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)へのリンク

移住者の声(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa