神奈川県内市町村の移住・定住支援2

掲載日:2020年1月30日

神奈川県内市町村地図

このページでは、色のついた市町村の主な移住・定住支援を掲載しています。

市町村移住・定住支援2の地図

市町村別市町村移住・定住支援2(50音順)(大磯町から葉山町)

移住・定住希望者向けに関連する主な支援策を掲載しているため、市町村によっては、掲載していない支援などもあります。
詳細は各市町村のウェブサイトをご覧ください。

市町村別市町村移住・定住支援1(50音順)(愛川町から大井町)

市町村別市町村移住・定住支援3(50音順)(平塚市から横浜市)

磯町

大磯町の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
移住・定住支援

大磯暮らし(Vol.1)
大磯の暮らしの魅力を伝えるフリーペーパー「大磯暮らし(Vol.1)」を掲載。特集「私の大磯。」として、海も山もある大磯の魅力をとことん満喫し、人の地域のつながりを大切に暮らす方々を紹介しています

子育て支援

第2子以降は保育料無料
子どもを安心して産み、育てやすい環境を整備するため、多子世帯への負担軽減として、第2子以降の保育料の利用者負担を無料としています(認定区分により、多子軽減の条件が異なります。)。

2歳児全戸訪問「にこにこ子育て応援団」
子どもの自己主張がはっきりとしてきて、子育てが難しくなる時期でもある2歳頃に全戸訪問を行い、民生委員児童委員や、主任児童委員が訪問し、育児の悩みをお聞きしたり、子育てに役立つ情報をお届けします。

朝の子どもの居場所づくり事業
小学校の始業前に学校施設等を利用し、子どもたちが安全・安心に過ごせる居場所を設けています。保護者の方が仕事等で、子どもが早朝に一人になる御家庭、多学年の子どもと交流をさせてみたい方等、御利用ください。

小田原市

小田原市の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
移住・定住支援

移住・定住情報ページ:オダワラボ
人生を楽しくするいろんなチカラを探し、小田原から発信するWEBマガジンです。小田原市に移住した方のインタビュー、小田原市在住者の方の小田原に関するinstagramなどを掲載しています。

空き家バ 空き家バンク
子育て支援

小児医療費助成
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。小学校1年生以上は所得制限があります。

ファミリー・サポート・センター
子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、地域の人たちが互いに助け合っていくことを目指した会員同士の相互援助活動です。小田原市内に在住、在勤または在園の方で生後3か月から小学校6年生までが対象です

就職・創業支援

UIJターン就職応援合同説明会(令和元年度は終了)
小田原市ではハローワーク小田原と小田原箱根商工会議所と協同で、年1回東京新卒応援ハローワーク出会いのフロア(小田急第一生命ビル21階)でUIJターン就職応援合同説明会を開催します。

特定創業支援事業
創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、小田原市が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

新規就農者就学支援事業費補助金
神奈川県立かながわ農業アカデミーに在籍し、将来小田原市内に就農する学生に対し、学費の一部を助成し、農業技術及び知識の習得を支援します。

成町

開成町の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
空き家バンク 空き家バンク
住宅支援

開成町勤労者住宅資金利子補助金制度

勤労者の豊かで計画的な生活設計を支援するため、開成町内に居住する勤労者が、中央労働金庫神奈川県内店舗から住宅資金の融資を受けた場合、支払い利子の一部を開成町が補助しています。

子育て支援

開成町ファミリー・サポート・センター

地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。開成町内に在住、在勤の方で生後3か月から小学校6年生までが対象です。

子育て支援センター
地域の未就園児の子育てを応援するため、子育て支援センターを開成町内2か所で運営しています。
開成町母子健康包括支援センター「ひだまり」

妊娠期から出産・子育てまでワンストップの相談窓口です。妊産婦、育児中の家族のさまざまな相談に対し、「母子保健コーディネーター」が切れ目のない支援を行います。

就職・創業支援

開成町創業者支援利子補給制度

開成町で新たにお店を開店する、事業を開始する方などを対象として、創業に必要な融資を日本政策金融公庫から受けた方に対して、利子の一部を補給する制度です。

倉市

鎌倉市の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
プロモーション動画

鎌倉市プロモーション動画

鎌倉のライフスタイルや、歴史的・文化的価値があり、若い世代に話題のスポットなどの魅力を伝えるプロモーション動画を掲載しています

住宅支援

住宅用再生可能エネルギー・省エネ機器等設置費補助金
HEMS機器、住宅用太陽光発電システム、エネファーム、蓄電池、電気自動車充給電設備を鎌倉市内の住宅に設置(ZEH加算あり)及び電気自動車を購入する場合の費用の一部を補助します。

生ごみ処理機購入者、購入費助成
助成率と助成限度額は、非電動型が購入費の10分の9、電動型が購入費の4分の3でいずれも40,000円が限度です。

子育て支援

小児医療費助成制度
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。小学校1年生以上は所得制限があります。

私立幼稚園等就園奨励費補助金
私立幼稚園に通っている園児の保護者の経済的負担の軽減のため、保育料を補助しています。第1子には世帯の所得により保育料の一部を、第2子、第3子には上限308,000円(保育料の実質無償化)を補助します。

鎌倉市ファミリー・サポート・センター

地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。鎌倉内に在住、在勤の方で生後3か月から小学校6年生までが対象です。

就職・創業支援

商工業元気アップ事業(創業部門・ステップアップ部門)
創業を予定している人や中小企業者による新事業への挑戦を支援する制度です。補助金は、創業部門で1事業、ステップアップ部門で1事業、それぞれ最も優れていると認められる事業に交付されます。

特定創業支援事業

創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、鎌倉市が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

中小企業融資制度(創業資金)
鎌倉市内の金融機関と協調して、「鎌倉市中小企業融資制度」を実施しています。創業に必要な資金の融資が必要な場合は、創業資金をご利用いただけます。

川崎

川崎市の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
子育て支援 わくわくプラザ
放課後・土曜・長期休業日など、利用希望の小学校1年生から小学校6年生までが、わくわくプラザ室を中心に遊びを通じて仲間づくりを図ります。わくわくプラザは、川崎市内のすべての公立小学校の敷地内にあります。
就職・創業支援

川崎市就業支援室「キャリアサポートかわさき」
職業紹介、就職相談、就職活動に役立つセミナー等を実施しています。

特定創業支援事業

創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、川崎市が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

このページの先頭へ戻る

川村

清川村の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
移住・定住支援

舟沢体験住宅(長期型)
「田舎で暮らしたい!暮らしてみたいけどどんなところ?」という方に実際に清川村に居住し、村での雰囲気や魅力を実感していただきながら移住に向けた準備をしていただけます。

移住・定住情報ページ:移住・定住

移住・定住促進動画、舟沢分譲地販売案内、住宅取得奨励金制度、借上型村営住宅制度、村営住宅入居状況、村営住宅(子育て世代型住宅)入居者の随時募集、村営住宅入居申込様式、子育て世代型の地域優良賃貸住宅入居者募集のお知らせなどを掲載しています。

空き家バンク 空き家等情報提供事業
住宅支援

住宅取得奨励金制度

清川村内に住宅を建築すると20万円、村内の建築業者で建築すると追加で50万円を補助します。さらに、移住者の方は、追加で30万円補助します。

結婚新生活支援事業補助金
結婚を機に新たに清川村内に中古住宅を取得する際の費用または住宅物件に係る賃料、転居費用等を補助します(上限24万円)。

村営住宅(子育て世代型住宅)

子育て世帯向けに、新築の賃貸住宅の入居者を募集しています。

子育て支援

小児医療費助成
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。中学校卒業後~18歳になった日以降最初の3月31日まで、入院中の保険診療分の自己負担額を助成します。

村立清川幼稚園保育料助成

村立清川幼稚園は、保育料無料です。また、給食費を全額助成します。

おむつ等購入費女性事業・子育てママリフレッシュ事業

在宅で養育する1歳から2歳の児童を一時的にあおぞら保育園に預けることができる利用券を年間6枚発行します。

相模原市

相模原市の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
移住・定住支援 藤野里山体験ツアー
第7回かながわ観光大賞で審査員特別賞を受賞したツアーです。
相模原市緑区藤野在住の家族といっしょに、藤野ライフを気軽に体験できるツアーです。どんな作業をして、どんなメニューになるのかは、受入れ家庭や季節、天候によってさまざまです。
移住・定住情報ページ:すもうよ緑区「都会じゃないよ」「田舎じゃないよ」
移住体験情報、移住してきた方々の声、都心からのアクセス、自然、レジャー、お祭り、イベント、緑区ガイドマップなどが掲載されています。
子育て支援 ファミリー・サポート・センター
地域において子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。相模原市内に在住、在勤または在学の方で生後0か月から小学校6年生までが対象です。妊娠中の人はご相談ください。
就職・創業支援 特定創業支援事業
相模原市から「特定創業支援事業」の証明書を交付された創業者および創業を考えている方は、会社設立時の登録免許税の減免等の優遇措置を受けることができます。

座間

座間市の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在
住宅支援

住宅リフォーム補助制度
座間市内在住で、住民登録のある人が所有し、自ら居住している住宅の税抜き10万円以上のリフォーム工事を対象として、一律5万円支給します。

子育て支援 子育て支援センター
子どもと一緒に自由に行けて、安心して遊べる施設、「座間市子育て支援センター」を座間市内3か所開設しています。未就園児の親子が対象です。
ファミリー・サポート事業
地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。座間市内に在住の方で生後3か月から小学校6年生までが対象です。
紙おむつ等育児用品支給事業
0歳児の保護者を対象に紙おむつ等の子育て用品1万円分を支給します。
就職・創業支援

特定創業支援事業
創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、座間市が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

空き店舗活用事業
座間市内空き店舗を活用し、事業を開始する際に内外装工事費等を補助します。

川町

寒川町の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在
住宅支援

個人住宅取得奨励事業
勤労者が自己の居住のために住宅を取得した場合において、寒川町共通商品券を交付します。

住宅リフォーム等建築工事推進事業
寒川町民の方が町内業者を利用して行った自宅のリフォーム等の工事について、対象工事費の一部を寒川町共通商品券によって補助します。

子育て支援

小児医療費助成
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。1歳以上は所得制限があります。

私立幼稚園等就園奨励費

私立幼稚園等に通っているお子さんをもつ保護者の経済的な負担を軽減するために、保育料等の一部を補助(減免)しています。

ファミリー・サポート・センター
地域において、育児の援助を受けたい人と行いたい人が会員となり、会員相互による育児援助活動を行います。寒川町内に在住、在勤の方で生後3か月から小学校6年生までが対象です

就職・創業支援

特定創業支援事業
創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、寒川町が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

中小企業診断士による創業窓口相談
創業に関する身近な相談相手として、寒川町地域経済コンシェルジュ(中小企業診断士)が相談をお伺いします。

湘南広域連携による新規就農者受入支援及び農地情報の提供
藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町では、新規就農者受入支援態勢の統一化と農地情報の共有化を行っています。

子市

逗子市の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
移住・定住支援 シティプロモーションページ:逗子市シティプロモーションサイト
移住した方のインタビューや海、水と緑、まちなみなど逗子の魅力を紹介しています。
子育て支援

逗子市子育てポータルサイト:えがお

日々の子育てに役立つ地域の情報、子どもの年齢に応じた支援などを掲載しています。

ずしファミリー・サポート・センター
地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。逗子市内に在住、在勤または在学の方で、生後3か月から小学校6年生までが対象です。

就職・創業支援

特定創業支援事業

創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、逗子市が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

ヶ崎市

茅ヶ崎市の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
子育て支援

認可外保育施設利用者助成

茅ヶ崎市内の認可保育所などを申込みいただいたものの、入園できず待機している認可外保育施設利用世帯に、利用料の一部を茅ヶ崎市が助成します。

ファミリー・サポート・センター
地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。茅ヶ崎市内に在住、在勤または在学の方で生後3か月から小学校6年生までが対象です。

小学校ふれあいプラザ

学校・保護者・地域の方々でなる運営委員会により、小学校区ごとに実施しており、開設日にはパートナーと呼ばれる方々が見守る中で、遊具などを自由に使い年齢の異なる児童が、交流を深めながら遊ぶことができます

就職・創業支援

特定創業支援事業
創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、茅ヶ崎市が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

湘南広域連携による新規就農者受入支援及び農地情報の提供
藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町では、新規就農者受入支援態勢の統一化と農地情報の共有化を行っています。

井町

中井町の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
移住・定住支援 中井町プロモーション動画
中井町の風景とともに、町の魅力“イイ”ところをお伝えするプロモーション動画を公開しています。
空き家バンク 空き家バンク
住宅支援 子育て・若年夫婦世帯空き家改修事業補助金
中井町に定住する目的で空き家を取得し、住宅の改修をしようとする子育て世帯および若年夫婦世帯に対して、その費用の2分の1を補助します(上限100万円)。
子育て支援

小児医療費助成
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。

里都まち♡なかいネウボラ
ネウボラとはフィンランド語で「アドバイスの場」という意味で、フィンランドで普及している子育て支援体制のことです。ネウボラには専任の相談員として、母子保健コーディネーターを配置し、妊娠・出産・子育てについてのさまざまなご相談をお受けします。

ファミリー・サポート・センター
地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。中井町内に在住の方で生後6か月から小学校6年生までが対象です。

このページの先頭へ戻る

宮町

二宮町の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
移住・定住支援

にのみやLOVERS-まちの魅力伝え隊-
二宮町が大好きな人たちで結成した「にのみやLOVERS~まちの魅力伝え隊~」は、二宮町の魅力を町内外に伝えるため、さまざまな活動をしています。

移住・定住情報ページ:湘南二宮町プロモーションサイト「にのみや Life」
【住みたい】【知りたい】【育てたい】【楽しみたい】をテーマに、二宮町のさまざまな魅力を掲載しています。

空き家バンク 空き家バンク
住宅支援

同居・近居推進事業補助金
子・孫世帯が町外から転入して親世帯または祖父母世帯と同居したり町内に近居したりする方に、一定の要件を満たせば、住宅の取得、改修、賃貸住宅への引越しのいずれかについて費用の一部を補助します。

住宅リフォーム助成制度
二宮町登録事業者を利用して税抜き20万円以上の住宅のリフォームを実施する場合に、一律5万円を補助します。

子育て支援

小児医療費助成
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。小学校1年生以上は所得制限があります。

私立幼稚園等就園費補助金
私立幼稚園に在園する二宮町内に在住中の3、4、5歳の園児の保護者に対して1人あたり年額15,000円を交付しています。所得制限があります。

ファミリー・サポート・センター
地域において、子育ての手助けを受けたい人と行いたい人が会員となり、子育てについて助け合います。二宮町内に在住、在勤の方で生後3か月から小学校6年生までが対象です。

根町

箱根町の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
移住・定住支援

お試し居住(トライアルステイ)
箱根町に移住・定住を考えている方を対象に、一定期間、町内での日常の暮らしを実際に体験してもらい、移住・定住の参考としていただくために、今年度もトライアルステイ(お試し居住)を実施しています。

移住・定住情報ページ:箱根に住もう!
移住してきた方のインタビュー、東京へのアクセス、住宅関連の定住化促進策、箱根に移住してきた方や移住・定住の取組みをされている方のFacebookの記事などを掲載しています。

空き家バンク 空き家バンク
住宅支援

箱根町民間賃貸住宅家賃補助制度
箱根町内の民間賃貸住宅に入居する新婚世帯または転入若者世帯に家賃の一部を補助します。

箱根町若者世帯住宅取得補助制度
箱根町内に住宅を取得した若者世帯に取得費の一部を補助します。

箱根町空き家リフォーム事業補助制度
箱根町空き家バンクを利用して購入した空き家を、定住を目的にリフォームする方に、20万円を超える工事に対して一律10万を補助します。

子育て支援

小児医療費助成
中学校卒業までの子どもの入院・通院にかかった医療費のうち、保険診療分の自己負担分を助成します。

はこねっこ誕生祝金
平成28年4月1日以降、第2子を出産した保護者に10万円、第3子以降は20万円の祝い金を支給しています。

野市

秦野市の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
移住・定住支援

移住・定住情報ページ:移住・定住
秦野市の魅力や、居住支援、就労支援や子育て支援策について掲載しています。

住宅支援

秦野産木材を使用する快適な住まいづくり補助金

秦野産材(注)の利用促進を図るため、秦野市民が秦野市内施工業者を利用して行う、秦野産材を使った住宅の新築やリフォームに対し、その経費の一部を補助します。
注:秦野産材とは、秦野産木材として、秦野産材活用推進協議会により産地証明されたヒノキ、スギ材のことです。

子育て支援

子育て応援出産支援金
出産直後にかかる経済的な負担を軽減し、安心して子どもを産み育てることができる環境の整備に役立てるため、出生により秦野市の住民基本台帳に記載されている新生児1人につき30,000円を支給します。
子育て支援センター「ぽけっと21」
子どもたちが自由に遊び、親同士が子育てについて互いに学び合える場として、市内に7か所開設しています。子育てアドバイザーが常駐しているため、気軽に相談できます。
保育コンシェルジュ

保育コンシェルジュは、保育サービスに関する相談員です。就学前のお子様の預け先に関する相談に応じ、認可保育所のほか、一時預かり事業、幼稚園型預かり保育、ファミリー・サポート・センターなどの保育サービスについて情報提供します

就職・創業支援

空き店舗活用事業補助金
秦野市内の商店街区域内にある空き店舗を活用して開業した人で、優れたアイデアや経営方針を持ち、地域の活性化に貢献できるような人に、改装費や賃借料、広告宣伝費の一部を補助します。

特定創業支援事業

創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、秦野市が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。
はだの市民農業塾

秦野市・農業委員会・農協が協力して、農業の担い手づくりを目的に新規就農や市民農園の利用等を希望する秦野市民や、農産加工品の製造・販売を希望する農業者等を対象にした「はだの市民農業塾」を実施しています。

山町

葉山町の主な移住・定住支援(令和2年1月16日現在)
住宅支援

葉山町住宅リフォーム資金補助制度

葉山町内業者で行う20万円以上の費用を要するリフォーム工事に対して、一律5万円を補助します。

子育て支援 子育て支援センター「ぽけっと」
子育て親子の交流等を促進する子育て支援拠点として、主に親子での利用に合わせた施設です。一時預り事業などを実施しています。ファミリー・サポート・センター事業も実施しています。
就職・創業支援 特定創業支援事業
創業支援事業計画に定める「特定創業支援事業」を修了し、葉山町が証明書を交付した創業者および創業を考えている方は、複数の優遇措置を受けることができます。

このページの先頭へ戻る

市町村別市町村移住・定住支援1(50音順)(愛川町から大井町)

市町村別市町村移住・定住支援3(50音順)(平塚市から横浜市)

移住・定住情報(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

移住・定住PR動画、移住に役立つ窓口、市町村移住情報ページ、神奈川県の鉄道・道路マップなどの掲載ページへのリンクです。

写真移住・定住情報(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)へのリンク

移住・定住情報(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

移住者の声(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

地域版神奈川県移住・定住PR動画に出演していただいた、移住してきたご家族のインタビュー動画・記事などを掲載しています。

写真:移住者の声(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)へのリンク

移住者の声(ちょこっと田舎でオシャレな神奈川で暮らそう)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa