平成27(2015)年神奈川県経済波及効果分析ツールを作成しました!

掲載日:2020年9月30日
2020年09月30日
記者発表資料

平成27(2015)年神奈川県経済波及効果分析ツール

 神奈川県内への経済波及効果の分析が簡単にできるよう「平成27(2015)年神奈川県産業連関表」を用い、「神奈川県経済波及効果分析ツール」(以下、分析ツール)を作成しましたのでお知らせします。

分析ツールと内容

【更新】需要増加ツール

 県内の消費、投資等の需要増加がもたらす県内への経済波及効果を分析できます。この分析ツールの基本ファイルで、より分かりやすく内容を一新しました。

【新設】生産増加ツール

 県内の企業等が生産を増加した場合の県内への経済波及効果を分析できます。今回新たに作成しました。

利用方法

 県ホームページ内の分析ツールのページから、分析ツールをダウンロードします。

 基本設定シートに分析したい内容等について入力します。

 需要増加ツールでは、最終需要の増加額を神奈川県産業連関表の部門にあてはめ、その他必要な項目を入力することで、自動的に経済波及効果が分析できます。

 なお、御利用に当たっては、必ず留意点をご確認ください。

 

 分析ツールや利用の手引きは以下のURLから御参照ください。

 平成27(2015)年神奈川県経済波及効果分析ツール

【入力のイメージ】

経済波及効果分析ツール_入力のイメージ

【結果のイメージ】

経済波及効果分析ツール_結果のイメージ

経済波及効果とは

 ある産業に新たな需要が生じたとき、その需要を満たすために行われる生産は、その産業だけでなく、原材料等の取引や消費活動を通じて関連する産業にも次々と波及していきます。この過程のことを「経済波及効果」と呼びます。

問合せ先

神奈川県統計センター

企画分析課長 吉原
電話 045-312-1121(内線2520)