掲載日:2021年7月23日

新体操(団体総合)

杉本 早裕吏

(2大会連続)

(すぎもと さゆり)

新体操すぎもと選手

杉本選手のエピソード

6歳の時に姉の影響で新体操を始める。
最初は楽しいという気持ちだけでやっていたが、いつの間にか""勝ちたい""という気持ちが芽生えていた。小学校5年生の時に強化合宿に選ばれる。小さい頃からオリンピックに出たいという気持ちはあったが、その強化合宿の時更に、オリンピックに対しての気持ちが強くなった。
高校2年生の時に新体操日本代表に選ばれる。代表3年目の時にキャプテンに選ばれ、少し戸惑いがあったが自分らしく笑顔で引っ張っていこうと決めた。
夢でもあったオリンピック(2016リオ)の舞台。結果は8位入賞。メダルを目指していたからこそ、悔しい思いの方が強かった。この悔しさは2020年の東京オリンピックで金メダルを獲って挽回する!

出身地

愛知県名古屋市

生年月日

1996年1月25日

所属

トヨタ自動車株式会社

出身校

名古屋経済大学市邨高等学校
日本体育大学

主な戦績

【オリンピック】
2016年 リオデジャネイロオリンピック 団体総合8位入賞

【世界選手権】
2019年 世界新体操選手権大会 団体総合2位(44年ぶり)/種目別ボール優勝(日本史上初)/種目別フープクラブ2位
2017年 世界新体操選手権大会 団体総合3位/種目別フープ3位/ボールロープ2位

神奈川とのゆかり

日本体育大学卒業