東京2020オリンピック聖火リレーにおける感染症対策について

掲載日:2021年6月2日

具体的な対策の方向性

共通の対策

3密の回避の呼びかけ、手洗い・手指消毒やマスク着用の徹底、大声の会話の抑制、事前及び当日における感染防止対策の周知 等

場面別の対策

リレールート沿道

マスク着用の呼びかけ、沿道における混雑を避けるための諸対策、グッズ配布時の対策、著名人ランナー等の対策 等

セレブレーション等

観覧者の体調確認、会場内における密集を避けるための諸対策 等

※その時点での政府の「催物の開催制限等」を踏まえて実施 等

関係者別の対策

聖火ランナー

走行時の対人距離の確保、事前及び受付時の体調確認、集合場所の密集回避 等

※海外から来日する聖火ランナーは、その時点での入国規制に従っていくことを想定

運営スタッフ等

体調管理の徹底、陽性者発生時の感染拡大を防止する体制の構築 等

体調不良者への対応

関係機関との連携等を含めた対応フロー、接触確認アプリ登録の推進 等

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa