ライブサイトにおける感染症対策について

掲載日:2021年6月2日

ライブサイトにおける感染症対策について

ライブサイトの概要

東京2020ライブサイト(県と組織委員会が共同主催)は、大会の公式事業として、競技会場外で誰もが大型スクリーンを利用した競技中継等を通じて、大会を経験できる場所です。

具体的な対策

各会場では、次の感染症対策を実施していきます。

1 基本的な対策

  • 3密(密閉・密集・密接)の回避(会場レイアウトの検討、人数の抑制等混雑・密集防止 等)
  • 飛沫感染・接触感染防止(マスク着用(熱中症防止もあわせて検討)、配布物の備え置き 等)
  • 殺菌・消毒の徹底(会場内の清掃や消毒、手指消毒の励行 等)
  • 体調管理・確認の徹底(体調不良者の入場を控えていただく対策の徹底 等)
  • 広報・周知の徹底(会場における対策の事前周知・会場内での注意喚起 等)
  • 陽性者・体調不良者発生時の対応計画の作成(対応フロー、接触確認アプリの活用 等)

2 実施コンテンツにおける対策

  • 観戦・応援時等の対応(観戦時等の遵守事項の事前周知及び注意喚起 等)
  • ステージイベント(ステージ上の参加者と観客との一定の距離の確保・密集回避 等)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa