神奈川県ゆかりのアスリート~パラテコンドー・田中光哉~

神奈川県ゆかりのアスリート~パラテコンドー・田中光哉~

豪快な蹴り技の応酬!至近距離でのコンタクトが見どころのパラテコンドー。
東京2020大会からパラリンピックの正式競技となったこの競技には横浜市在住の田中光哉(たなか みつや)選手が代表に内定しています。
金メダル獲得に向けた想いやパラテコンドーについてお話いただきました。

(プロフィール)
・1992年7月22日、福岡県久留米市にて先天性両上肢尺側欠損障害で生まれる
・障害者スポーツに指導員として関わる中で、自身もパラリンピックに出場したいという想いが芽生え、パラテコンドーを始める
・2020年1月、サンマリエカップで優勝し、東京2020パラリンピックの代表に内定
・神奈川県横浜市鶴見区在住。洪人館テコンドー/ブリストルマイヤーズスクイブ所属
・クラスK44/43 61kg級


東京2020大会には他にも多くの神奈川県ゆかりのアスリートが出場します。
大会に向けて頑張っている選手をみんなで応援しよう!

掲載日:2021年5月14日

 

田中選手のインタビュー全文(PDF:999KB)もぜひご覧ください!

 

東京2020大会に向けた神奈川県内の情報をTwitter(別ウィンドウで開きます)でも発信しています!

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa