ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 「withコロナ時代」の女性活躍推進に向けた企業の取組事例をまとめました

初期公開日:2022年3月18日更新日:2022年3月18日

ここから本文です。

「withコロナ時代」の女性活躍推進に向けた企業の取組事例をまとめました
令和3年度「かながわ女性の活躍応援団」冊子の作成

2022年03月18日
記者発表資料

「withコロナ時代における女性活躍推進の取組み」をテーマに、働き方の見直しや人材育成などの取組事例やQ&Aなどを掲載した冊子を、「かながわ女性の活躍応援団」団員企業等のご協力を得て作成しました。
県内企業等の皆様のafterコロナを見据えた女性活躍の推進に資するよう、実際の事例に基づき、工夫した点や課題への対応、効果を紹介しています。

1 冊子の概要

表紙の画像

(1)応援団員企業等の取組事例の紹介

・多様で柔軟な働き方の推進など働き方の見直し(17事例)

・仕事と育児の両立に向けて(3事例)

・人材育成・人材確保(6事例)

(2)事例から答える「withコロナでの取組み~Q&A」

・テレワーク・リモートワークの導入にあたって、まず取り組んだことは?

・テレワーク・リモートワークを社員に浸透させ、効果的に実施するために工夫した点は? など

2 入手方法

かながわ男女共同参画センターのホームページからダウンロードできるほか、各地域の県政情報コーナー、県内図書館等で閲覧できます。ご希望の方には、個別に郵送もいたします。(部数に限りがございます。)

※「かながわ女性の活躍応援団」とは
女性の活躍を推進するための取組みに積極的で、神奈川県にゆかりの深い企業等の男性トップ20人と神奈川県知事が参加。女性活躍推進の社会的ムーブメント拡大に向けた取組みを進めており、その一環として、毎年度、団員企業等の取組みを紹介する冊子を作成しています。

→詳細はホームページをご覧ください。
https://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0050/womanact


<ページサンプル>

sample-page02  sample-page01

《SDGsの推進について》

県では、SDGsの達成にもつながる取組みとして、女性活躍の推進に取り組んでいます。

goal5 goal8

ともに生きる憲章

問合せ先

かなテラス(神奈川県立かながわ男女共同参画センター)

所長 椎野 電話 0466-27-2111(内線301)

参画推進課長 奥 電話 0466-27-2111(内線322)

ともに生きる題字

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は かながわ男女共同参画センターです。