ホーム > くらし・安全・環境 > 人権と協働 > 人権・男女平等 > かながわ男女共同参画センター > 講座・イベント > 【報告】令和3年度デートDV防止啓発講座(県立相模原中央支援学校)

更新日:2022年3月8日

ここから本文です。

【報告】令和3年度デートDV防止啓発講座(県立相模原中央支援学校)

 かながわ男女共同参画センター(かなテラス)では、希望する中学・高校等に講師を派遣し、恋人間で起きる暴力(デートDV)について、ワークショップ形式で参加しながら学べる講座を実施しています。

日付

 令和4年3月1日(火曜日)

場所

 県立相模原中央支援学校(高等部3年生:20名)

主催

 かなテラス(神奈川県立かながわ男女共同参画センター)

講師

 認定NPO法人エンパワメントかながわ

概要

 「ほっとデートDV予防ワークショップ」
【前半】
○暴力について
 ・されて嫌なこと=暴力
 ・殴る蹴るだけではなく、何もしない(無視、しかと)なども暴力になる
〇権利について
 ・権利=それがないと生きるのに困るもの
 ・「安心する権利」も持っている
〇安心を守るために
 ・安心=嫌なこと、怖いことがない
 ・安心を守るために、嫌なことには「嫌だ」と言っていい
 ・周りの大人(信頼できる人)に相談することが大切

【後半】
○自分の身体について
 ・自分の身体は自分のもの、勝手に触らせたりしてはダメ
 ・水着、下着で隠れるところはプライベートゾーン
 ・身体の名前を知ることは自分を守ることにつながる
〇安心な触り方について
 ・ハイタッチとべたべた触ることの違い
 ・安心か、嫌かは自分で決めていい
〇彼氏・彼女の関係について(大切な人と安心な関係でいるために)
 ・恋人同士の間で起こる暴力を「デートDV」という
 ・たとえ相手が自分の好きな人でも、嫌なことは「嫌だ」と言っていい
〇キス・セックスについて
 ・お互いの気持ち、「(性的)同意」が大切
 ・相手の同意を必ず確認する。同意のない行為は暴力になる
 ・相手も自分も大切にするためにはコンドームが必要
〇相談窓口について
 ・デートDVの相談ができる窓口を紹介

参加者の感想

(生徒)

  • ゆっくり話してくれたので分かりやすかったです
  • 自分も好きな人がいるので、これを聞いたので活かします
  • 私が知らなかったことが聞けてよかったです
  • 家族や先生やデイサービスの職員さんに相談したいと思いました
  • 忙しい中来てくれてありがとうございます。今後友達が困ったときは助けたいと思います

(教員)

  • 話し方がゆっくりで、子どもも聞きとりやすかったと思います。ロールプレイがあるところがとても良かったです
  • 生徒と話すきっかけにもなるので、参加できてよかったです
  • 講座の後半はデリケートな部分もあり、生徒に指導するうえでとても参考になりました
 

このページに関するお問い合わせ先

かながわ男女共同参画センター

かながわ男女共同参画センターへのお問い合わせフォーム

相談課

電話:0466-27-2111

内線:332

ファクシミリ:0466-25-6499

このページの所管所属は かながわ男女共同参画センターです。