【受付終了】コロナ時代の新たな働き方(令和3年度労働講座)

※定員に達したため、申込の受付は終了しました。

新型コロナウイルスの感染拡大は、生活や経済に大きな影響を及ぼしています。
感染症拡大防止のため、テレワークなどが推奨され、働き方も大きく変化してきています。
今回の講座では「コロナ時代の新たな働き方」をテーマに、テレワークや副業・兼業をめぐる諸問題について学びます。
<全2回・参加無料>

開催期間

2021年7月27日から2021年8月5日
(1)7月27日(火曜日) 18時30分から20時30分まで
(2)8月5日(木曜日) 18時30分から20時30分まで

開催場所

名称

海老名市役所 7階 会議室

ホームページ

海老名市役所(施設案内)

内容

(1)フリーランス、副業・兼業をめぐる諸問題
・フリーランスと労働者の違い
・副業・兼業について
講師:法政大学教授 沼田 雅之 氏

(2)テレワークの活用と労働時間管理
・労働時間とは
・労働時間管理の基本
・テレワークにおける時間管理、費用負担
・テレワークガイドラインの紹介
・労使協定、就業規則の見直し
講師:中町誠法律事務所 弁護士 中井 智子 氏

対象

人事労務担当者、労働者など、どなたでも

募集人数

各回30名(事前申込制)
※申込は先着順です。定員を超え、参加いただけない場合のみご連絡します。連絡がない場合はご参加いただけますので、当日直接会場にお越しください。

費用

無料

申込方法

※定員に達したため、申込の受付は終了しました。

主催者等

主催:神奈川県かながわ労働センター県央支所、海老名市

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。