新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(介護分)の県への直接申請について

掲載日:2021年3月24日

重要なお知らせ

  • 感染症対策支援事業、再開支援・環境整備助成事業については申請を締め切りました。
  • 慰労金については、令和3年3月31日まで申請期限を延長します。延長期間での申請は県へ直接提出してください。勤務先を通じた申請が3月中に間に合わない場合、職員の方からの個別申請を受け付けます。

  • 法人が交付を受けた場合、実績報告が必要です。原則として、「事業完了の日から起算して1月以内」または「令和3年3月31日」のいずれか早い日までに提出をお願いします。
  • 令和3年3月31日までに実績報告の提出が間に合わない場合は、事業実施状況報告書を提出すれば、実績報告書の提出期限を令和3年4月30日まで延長できます。

本県では、新型コロナウイルス感染症に係る介護従事者への慰労金支給事業、感染症対策支援事業、再開支援・環境整備助成事業について、受付期間を令和2年8月17日から令和3年2月末として申請を受け付けています。

申請マニュアル(PDF:3,271KB)

個別申請マニュアル(PDF:2,377KB)

申請書類

法人による申請

支払い前の経費及び慰労金が(一部であっても)含まれる場合

【申請時に提出は不要だが、作成・保管が必要な様式】

すべて支払い済みの経費及び慰労金について申請する場合

【申請時に提出は不要だが、作成・保管が必要な様式】

個人による慰労金の申請

個人用申請書に以下の確認書類を添付し、提出してください。

【確認書類】

  • 本人確認書類の写し
  • 振込先金融機関口座確認書類の写し

上記確認書類の記入要領については、個別申請マニュアル(PDF:2,377KB)を参照してください。

慰労金の個別申請にあたっての留意事項

  • 申請書が県に到達後、順次処理を行いますが、お支払いの時期は未定です。
  • 県の審査が終了したものについては、交付決定通知書等による事前連絡は行わずに、申出のあった口座へ慰労金の振込みを行います。

申請方法

電子申請

神奈川県の電子申請システムにより申請してください。

【法人申請用】新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(介護分)交付金に係る交付申請

電子申請システム(法人申請フォーム)(別ウィンドウで開きます)

【個人申請用】介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の申請

電子申請システム(慰労金個人申請フォーム)(別ウィンドウで開きます)

書類の修正や追加書類の提出は、電子申請システム(追加書類提出用)のフォームよりご提出ください。

郵送での申請

  • 送付用の封筒の表面に「新型コロナ支援交付金(介護分)申請書在中」又は「新型コロナ慰労金(介護分)個人用申請書在中」と朱書きするなどし、他の書類は絶対に同封しないでください。
  • 次の宛先に郵送してください。

〒231-8588
神奈川県横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課 緊急包括支援担当

問合せ先

神奈川県新型コロナ緊急包括支援交付金(介護・障害分)コールセンター
0570-077-160 平日10時00分~17時00分 年末年始は除く

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa