ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 神奈川県立の特別支援学校における防災対策の充実に関する協定を締結しました

更新日:2022年2月1日

ここから本文です。

神奈川県立の特別支援学校における防災対策の充実に関する協定を締結しました
~災害時の避難誘導等に「USENおもてなしキャスト」を活用~

2022年02月01日
記者発表資料

神奈川県教育委員会と株式会社USEN-NEXT HOLDINGS(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:宇野 康秀)のグループ会社である株式会社USEN(本社:東京都品川区、代表取締役社長:田村 公正)は、神奈川県立の特別支援学校における防災対策の充実に寄与することを目的として、その連携と協力に関する協定を締結しましたのでお知らせします。また、本日、株式会社USENにおいて同様の記者発表を行います。

1 連携・協力事項について

株式会社USENの持つ音声技術等による専門的な知見を活用することにより、県立特別支援学校における災害時のアナウンスのデジタル化や児童・生徒等の防災意識の向上など、防災対策の充実を図ります。

2 取組について

協定に先立ち、株式会社USENからの無償提供により、県立特別支援学校27校に「USENおもてなしキャスト」(アナウンスアプリ)を導入しました。

同アプリは事前に登録した文章を、分かりやすく聴き取りやすい機械音声で校内に流せるため、災害時や防災訓練等に役立てることができます。

<導入した県立あおば支援学校からの声>

・毎月行う防災訓練では、担当の先生が避難指示などをマイクで放送してきたのですが、令和3年10月以降、毎月の訓練で流れるすべての放送に「USENおもてなしキャスト」の音声を使っています。

・児童・生徒からは「分かりやすく、聴き取りやすいから、避難しやすい」という声がありました。

・先生からは「児童・生徒の避難誘導に専念することができて、いざというときにも心強い」と好評を得ています。

・「USENおもてなしキャスト」を利用し始めたことで、児童・生徒や先生の防災への意識・関心も高まりました。

(参考)株式会社USEN(USEN-NEXT GROUP)について

株式会社USENは、約60年間の実績を有する音楽配信事業、店舗DXを推進するレジ・ネットワーク等のIoTプラットフォーム事業、電力を始めとするエネルギー事業などを展開しています。

代表者:田村 公正(代表取締役社長)

設立:平成29年6月16日(平成29年12月1日にUSEN分割準備会社から商号変更)

所在地:本社 東京都品川区上大崎三丁目1番1号目黒セントラルスクエア

資本金:1,000万円(令和2年8月31日現在)

添付資料

神奈川県立の特別支援学校における防災対策の充実に関する協定書(PDF:106KB)

問合せ先

(協定について)

神奈川県教育委員会教育局総務室

管理担当課長 星 電話 045-210-8011

総務グループ 和田 電話 045-210-8020

(神奈川県立の特別支援学校における取組について)

神奈川県教育委員会教育局支援部特別支援教育課

課長 萩庭 電話 045-210-8214

教育指導グループ 荒井 電話 045-210-8276

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は教育局 総務室です。