橋本高等学校

掲載日:2020年4月1日

国際交流の新しいカタチ~オンラインによる国際交流プログラム~【神奈川県立橋本高等学校】

1 学校紹介

 本校は、全日制普通科の高校です。生徒一人ひとりの学習や進路目標の実現に応えるため、「インクルーシブ&ダイバーシティ」をキャッチフレーズに、学力の育成、豊かな人間性や社会性を培い、社会的・職業的に自立することを目指した学校づくりに、学校全体で取り組んでいます。また、「武道教育」「国際理解教育」を特色とし、今年度からは「インクルーシブ教育実践推進校」特別募集で14名の生徒が入学しました。共生社会の実現を目指して、すべての生徒が共に学び、相互理解を深める教育を推進することで「インクルーシブな学校」づくりを行っています。
 今回は新型コロナウイルス感染症の影響により、直接的な国際交流ができなかったことで始まった、オンラインによる国際交流事業について紹介します。

2 オンライン国際交流プログラム

 国際理解教育を特色とする本校で、今年度より始まった新しい取組の一つです。オーストラリアクイーンズランド州ゴールドコーストの高校と、オンラインで国際交流を実施しています。

 令和2年10月14日(水曜日)、本校で初めての取組である、オンライン国際交流プログラムの初日が、1年生の教室にて実施されました。本校からは1~3年生、全校生徒の中で両国の文化の違いに興味を持ち、積極的に交流ができる生徒、コミュニケーション能力と英語力を伸ばすために努力ができる生徒、男女合わせて30名が参加しました。
 スタートは、オーストラリアのエージェントである「タイラーインターナショナル」代表のアンジェラ・タイラーさんより、自己紹介・オリエンテーションなどがありました。にこやかに本校の生徒たちに声をかけてくれたり、質問をしてくれたりしたものの、緊張していたのか、生徒たちの反応はいまいち。しかし、実際にオーストラリアの生徒たちとのフリーチャットになると、教師たちの心配はどこ吹く風。生徒たちはすぐに打ち解けることができ、満面の笑顔でお互い自己紹介をしたり、それぞれの文化や学校のことについて楽しそうに話をしていました。
 本校の特色である武道教育「居合道(※)」を紹介する場面では、2年生の居合道部員2名が、堂々かつ洗練された演武を披露し、オーストラリアの先生・生徒さんは共に、感嘆の声と拍手を贈ってくれました。

(※)居合道(いあいどう)・・・古武道の抜刀術(居合術)を現代武道化したもの

橋本高校画像01

3 結びに

 令和2年度のオンライン国際交流プログラムは、全6回を予定しています。今後もEnglish Lessonやオーストラリアの生徒とのフリーチャット、学校紹介や文化紹介を行い、最後はお別れパーティーで終了する予定です。本校生徒たちは、これからも国際理解教育に取り組み、国際交流を進めていきます。

 

お問い合わせ

神奈川県立橋本高等学校
電話:042-774-0611
(掲載内容は掲載日現在のものです。最新の情報は各県立学校のホームページでご確認ください。)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa