百合丘高等学校

掲載日:2020年11月25日

川崎から全国へ~地域で輝くダンス部「UP-DRAFT」~【神奈川県立百合丘高等学校】

百合丘写真01

1 学校紹介

 本校は1975年に開校し、令和2年で45年目を迎える全日制普通科の高校です。学習面では、基礎・基本の定着及び進学に向けた学習の取組を重視し、SDGsを基盤にした課題解決型の学習にも意欲的に取り組んでいます。また、「風音祭」(体育祭・文化祭)をはじめ、球技大会、百人一首大会など、多くの行事で生徒が企画から運営までを担って実施することも特徴です。部活動には生徒の約70%が参加し、多くの部が各種大会で好成績を収めています。大輪のヤマユリが揺れる爽やかな風が吹く丘で、生徒は「清新潑剌」(せいしんはつらつ)の校訓のもと、のびのびと毎日を過ごし、将来、社会に広く貢献し主体的に行動できる大人へと育っていきます。

2 愛されるダンス部に。全国でも、地域でも!

 本校のダンス部「UP-DRAFT」は、全国大会10年連続出場を誇る名門です。昨年度は全国大会「DANCE STUDIUM」、フジテレビ系「FNS27時間テレビ」への出演といったビッグイベントでの活躍が話題となりましたが、地域から応援される部活動でありたいという思いから、地域貢献活動にも毎年積極的に取り組んでいます。特に、練習場所としてお世話になっている川崎市のこども文化センターでの大掃除、コミュニティセンターの「すがお手つなぎまつり」への出演といった行事には積極的に参加してきました。また、長沢地区で行われる交流行事「ながさわにこにこハーモニー」では、本校チアリーディング部や地域のチアリーディングキッズチームとコラボし、地域住民の方から声援をいただきました。さらに、地域局かわさきFMにゲストとしてお招きいただきました。このように、地域の方々からご支援をいただきながら、日々成長し、力強く全国の舞台へ羽ばたいています。
百合丘写真02
百合丘写真03

3 アフターコロナ初の地域公演「生田緑地食の祭典」

 コロナ禍で様々なイベントが中止を余儀なくされる中、2020年最初の地域公演として、11月21日土曜日に「生田緑地食の祭典」に出演させていただきました。「生田緑地食の祭典」とは、多摩区の生田緑地に市北部の30店舗以上が集結する、食の秋にふさわしいグルメイベントです。今年度は当初中止も検討されましたが、飲食業界の応援のために開催されることとなりました。当日、ダンス部は、8つのジャンルのダンスにフリースタイルを組み合わせた縦横無尽のパフォーマンスを披露し、出演した2年生の部員達は大きな歓声を浴びました。
百合丘写真04

 出演に当たり部長は、「曲ごとに盛り上がるポイントがあり、かっこよさもあり、あふれる笑顔も魅力的。ダンスの楽しさ、若者のフレッシュさに触れて、元気になっていただければという思いで踊ります」と見どころを挙げていました。特に、地域の中学生に向けて「今年はダンス部の活動を観ていただく機会が少なく残念に思っていました。ダンスに憧れる気持ちがあっても、初心者には大変だからと諦めてしまうのは本当にもったいない!百合高では、初心者も経験者も入部したところから同じスタートを切ります。勇気を持って一歩踏み出し、歴史ある『UPD』を引き継いで欲しいです」とエールを送りました。
 イベント開催に関してまだまだ難しい状況が続きますが、今後も地域の皆様に育てていただき、全国で活躍するダンス部を目指す思いに変わりはありません。UP-DRAFTのこれからに、ぜひご期待ください。
百合丘写真05

 

問い合わせ

神奈川県立百合丘高等学校
電話:044-977-8955
(掲載内容は掲載日現在のものです。最新の情報は各県立学校のホームページでご確認ください。)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa