「かながわボランタリー活動推進基金21」令和2年度実施事業及び令和元年度ボランタリー活動奨励賞受賞団体の決定

掲載日:2020年3月24日
2020年03月24日
記者発表資料

県は、複雑化・多様化する社会的課題を克服し、多様な県民ニーズに対応するため、「かながわボランタリー活動推進基金21」を活用し、地域や社会の課題解決に主体的に取り組むボランタリー団体等の活動を支援しています。また、他のボランタリー団体等のモデルとなり、地域社会への貢献度が高く、今後、さらに継続発展が期待できる活動に取り組んでいる団体等を「ボランタリー活動奨励賞」として表彰しています。
ついては、ボランタリー団体が令和2年度に実施する事業及び令和元年度ボランタリー活動奨励賞の受賞団体を次のとおり決定しましたので、お知らせします。
なお、例年開催しておりましたボランタリー活動奨励賞表彰式は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、中止とさせていただきます。

1  令和2年度実施事業

1 協働事業負担金

地域や社会の課題解決に向け、ボランタリー団体等と県とが対等な立場で、それぞれの強みを活かしながらパートナーシップを組んで進める事業です。

【一般部門】

11件の応募の中から、次の新規事業2件と、令和元年度からの継続事業4件の計6事業を決定しました。

No. 事業名 団体名 県協働部署
1 性的虐待、性暴力の被害を受けた高年齢児童への長期的ワンストップ支援

NPO法人

神奈川子ども支援センターつなっぐ

子ども家庭課

くらし安全交通課

子ども教育支援課

学校支援課

2 がん患者外部講師によるがん教育モデル構築事業

一般社団法人

神奈川県がん患者団体連合会

がん・疾病対策課

保健体育課

【課題部門】

令和元年度からの継続事業1件の事業を決定しました。

【特定課題枠】

令和元年度からの継続事業5件の事業を決定しました。

※各事業の詳細については、別紙1(PDF:377KB)をご参照ください。

2 ボランタリー活動補助金

ボランタリー団体等が地域や社会のニーズをとらえて自発的に取り組む事業です。

14件の応募の中から、次の新規事業3件と、令和元年度からの継続事業4件の計7事業を決定しました。

No. 事業名 団体名
1 在宅ケアが常時必要な方を対象にした生涯学習の訪問サービス事業

特定非営利活動法人

フュージョンコムかながわ・県肢体不自由児協会

2 病気や障害のある子どものきょうだい児支援事業

特定非営利活動法人

スマイルキッズ

3

飼育放棄された老犬・老猫及び傷病犬・傷病猫を介護するケアハウス運営事業

一般社団法人

アニプロ

 ※各事業の詳細については、別紙2(PDF:221KB)をご参照ください。

3 ボランタリー団体成長支援事業(委託事業)

ボランタリー団体が自立的かつ安定的に活動できるよう、県が中間支援組織等にその支援を委託して実施する事業です。

3件の応募の中から、1事業を決定しました。

No. 事業名 団体名
1 セルフチェックによる組織課題の可視化と組織のリデザイン事業

特定非営利活動法人

藤沢市民活動推進機構

2 令和元年度ボランタリー活動奨励賞受賞団体

地域や社会の課題に光を当てた実践的な活動に取り組むボランタリー団体等を表彰します。

23件の推薦の中から、5団体を決定しました。

No. 団体名 所在地
1 おもちゃひろばロリポップ 藤沢市
2 特定非営利活動法人JUNKO Association 鎌倉市
3 NPO法人平塚のら猫を減らす会 平塚市
4 NPO法人海の森・山の森事務局 横浜市港北区
5 一般社団法人びじっと・離婚と子ども問題支援センター 横浜市中区

 ※各団体の概要、選考理由等の詳細については、別紙3(PDF:162KB)をご参照ください。

問合せ先

かながわ県民活動サポートセンター

副所長 伊藤
電話 045-312-1121(内線2801)

基金事業課長 岡
電話 045-312-1121(内線2830)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。