「任意後見サポーター®」養成講座 認知症に事前準備する「任意後見」をサポートしよう!

掲載日:2019年5月17日

【講座実施団体:NPO法人日本スマートライフ協会

「任意後見サポーターⓇ」養成講座は、「成年後見促進法(平成28年5月13日施行)」の基本理念である、自己決定権を尊重する「任意後見制度」の周知・利用促進を図る人材を養成する講座です。「任意後見制度」を知りたい、利用したい人、または任意後見人となる人を対象に、制度の仕組みや利用方法を分かりやすく解説します。受講後は、制度を周知・利用促進するサポーターとしての活躍が期待されます。

※本講座の受講の申し込みの受付は終了しました。

講座実施期間

平成29年5月18日(木曜)から8月3日(木曜) 全12回

詳細な日程およびカリキュラムはこちら カリキュラム (PDF:649KB)

受講対象者

  • 県内に在住、在勤、在学の方
  • 県内で活動している方
  • これから県内で活動を予定している方  

受講定員

40名(最少開講人数16名)

受講場所

かながわコミュニティカレッジ講義室

  • 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
    かながわ県民センター11階 

かながわ県民センターの地図

JR、京浜急行線、みなとみらい線、相鉄線ご利用の方

  • 横浜駅西口より徒歩5分
  • 横浜駅きた西口より徒歩3分

横浜市営地下鉄ご利用の方

  • 地下鉄横浜駅出口8番から地下街を通り、中央モールを左折し北6番出口を出て徒歩2分

受講料

5,000円

受講申込期限

平成29年5月1日(月曜)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa