古澤 拓也(ふるさわ たくや)選手

掲載日:2019年6月25日

古澤拓也選手

競技


車いすバスケットボール
 



クラス
 

3.0
障がいの程度等によって、
重いほうから1.0から4.5まで
8クラスに分類される。

  • 競技の魅力
    車いすを使用しているだけでルールは通常のバスケットボールと同じで、ダブルドリブルのみありません。
    最大速度からの車いす同士の接触やシュートが競技の魅力です。
    近くで見るとタイヤの焦げた匂いがするところ。
  • 東京2020パラリンピックに向けて一言
    車いすバスケットボール男子は金メダル獲得を目標に日々激しいトレーニングに励んでいます。
    個人としてボールハンドリングとスリーポイントシュートを武器に戦っていきたいと思いますので応援よろしくお願いします。
  • 自分のここ(プレー等)を見てほしい!
    ボールハンドリング(ドリブルが武器です)で相手を交わしてアシストしていきます。
    3ポイントシュートも武器なので是非注目して観てください。
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa