新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、横須賀共済病院と株式会社メドレーとの連携による、オンライン面会の実証事業が始まります!

掲載日:2020年7月6日
2020年07月06日
記者発表資料

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、面会制限を行っている医療機関において、患者と家族等がオンラインで面会する実証事業を、横須賀共済病院と株式会社メドレーが連携して実施します。

1経緯

医療機関では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、面会制限を行っており、長期間にわたって入院患者と家族等が顔を見て会話する機会が失われています。そこで、オンラインによる面会を導入する必要がある一方、多くの患者が入院する医療機関においては、面会時間の調整や管理を行う手間がかかるという課題があります。
このたび、このような課題を抱える医療機関と、予約の調整管理機能が充実していて、大学病院等の病院への導入実績も豊富なオンライン診療システム「CLINICS(クリニクス)」を運営・開発する株式会社メドレーとが連携して、オンライン面会の実証事業が始まります。

2事業の内容

実施期間:令和2年8月(予定)~
実施医療機関:国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院
実施方法:運用方法は、医療機関の状況に合わせ、決定する。
<使用例>ご家族がご自分の端末から「CLINICS」を通じて面会予約を行い、入院患者(医療
機関側のPCを使用)とオンラインで面会を行う。
※実証事業の結果を踏まえて、他医療機関への拡大を検討します。県は、実証事業への参加を希望する医療機関と調整をします。

株式会社メドレーについて
株式会社メドレーは、「医療ヘルスケアの未来をつくる」というミッションを掲げ、テクノロジーを活用した事業やプロジェクトを通じて「納得できる医療」の実現を目指しています。
https://www.medley.jp/

問合せ先

健康医療局保健医療部医療課

課長 一柳
電話045-210-4860

副課長 市川
電話045-210-4861