パーキンソン病患者を対象とするオンライン診療等を活用した臨床研究がスタートします!
今回の臨床研究は県と武田薬品工業株式会社が昨年締結した連携協定のパイロットプロジェクトとして実施します。

掲載日:2020年5月29日
2020年05月29日
記者発表資料

神奈川県と武田薬品工業株式会社が令和元年9月6日に締結した「神奈川県における地域医療の充実及び医療費の適正化の推進等に係る連携・協力に関する協定」に基づくパーキンソン病患者を対象とした臨床研究がスタートします。研究で得られた知見を今後の医療政策に活かすことで、県民の健康的な生活の実現を図ることを目指します。

1概要

「神奈川県における地域医療の充実及び医療費の適正化の推進等に係る連携・協力に関する協定」に基づき、武田薬品工業株式会社がオンライン診療・服薬指導を通じてパーキンソン病患者とその家族をサポートするとともに、ウェアラブルデバイスと専用アプリケーションを用いた症状(振戦、ジスキネジア等)のモニタリングを臨床研究として実施します。この研究により、通院が困難なパーキンソン病患者さんが自宅に居ながら充実した疾病管理ができる環境の構築を目指します。研究実施に当たり、県は各種調整など、側面支援を行っています。

2研究実施主体

武田薬品工業株式会社(所在地:東京都中央区日本橋本町2丁目1番1号)

3臨床研究の内容

オンライン診療・服薬指導を通じたパーキンソン病患者とその家族のサポートと、ウェアラブルデバイスと専用アプリケーションを用いた症状(振戦、ジスキネジア等)のモニタリング

 

 

問合せ先

神奈川県健康医療局保健医療部医療課

課長 一柳 電話045-210-4860

地域包括ケアグループ 由利 電話045-210-4865