ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 医療相談、医療機関・薬局情報 > 医療機関看護職員確保・育成支援事業について

初期公開日:2022年7月21日更新日:2023年3月23日

ここから本文です。

医療機関看護職員確保・育成支援事業について

医療機関看護職員確保・育成支援事業のご案内です。

令和5年度実施分

事業内容

 令和5年4月1日から令和5年6月30日までの間に、再就職する看護職員及び看護補助者を雇用した神奈川モデル認定医療機関等、発熱診療等医療機関及び地域療養の神奈川モデルに参画する訪問看護ステーションに対して、奨励金を給付します(令和5年6月20日から6月30日までに雇用する見込みの場合を含む)。

 また、算定の対象となった本人に対しても奨励金を給付します。

 本事業は、県民の皆様からの御寄附である「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」を財源としています。奨励金の使途に制限はありませんので、ぜひ幅広く御活用ください。

対象となる医療機関

神奈川モデル認定医療機関等※令和5年1月1日において、次に該当する医療機関等

ア 神奈川モデル認定医療機関、神奈川モデルの精神科コロナ重点医療機関、周産期コロナ受入医療機関、小児コロナ受入医療機関、透析コロナ患者受入医療機関、在宅難病患者受入協力病院など、あらかじめ県の依頼に基づき患者の受入れ、病床確保等を行う医療機関

イ 発熱診療等医療機関

ウ 地域療養の神奈川モデルに参画する訪問看護ステーション

算定の対象となる看護職員等の要件

  • 令和5年4月1日から令和5年6月30日までの間に雇用したこと(令和5年6月20日から6月30日までに雇用する見込みの場合を含む)
  • 「3か月以上看護職を離職している看護職員」又は「看護補助者」であること
  • 就職時に次の要件を満たすこと

①1週間の所定労働時間が20時間以上

②6か月以上の雇用

給付金額

(医療機関給付分)

雇用する看護職員1名につき30万円

雇用する看護補助者1名につき15万円

 

(個人給付分)※1回限り

看護職員 10万円

看護補助者 5万円

 

「医療機関看護職員確保・育成支援事業」を実施します(医療機関向け)

「医療機関看護職員確保・育成支援事業」を実施します(個人向け)

奨励金給付要綱

はじめにお読みください

 神奈川県医療機関看護職員確保・育成支援奨励金給付要綱

奨励金給付申請の流れ

1 申請書の提出 

提出書類(医療機関向け)

 ※写しを提出する場合は、原本証明を記載してください。

 ※雇用する見込みであることを記載した書類(例)(ワード:17KB)

 こちらのチェックシート(ワード:21KB)をご活用ください。

算定の対象となる職員が個人給付を希望される場合は、個人給付用の申請書を同封してくださるよう、ご協力をお願いします。

提出書類(個人向け)

 ※在職証明書(例)(ワード:16KB)

 ※勤務先による雇用見込み証明書(例)(ワード:15KB) 

 こちらのチェックシート(ワード:16KB)をご活用ください。

可能な限り、就業先の医療機関等を通じて申請してください。

申請受付期間

 令和5年4月3日月曜日から令和5年6月23日金曜日まで(申請期間内必着

 ※予算がなくなり次第締め切ります(先着順)。

提出先

 郵便番号 231-8588

 横浜市中区日本大通1

 神奈川県健康医療局保健医療部医療課 人材確保グループ

 医療機関看護職員確保・育成支援事業担当あて

2 奨励金給付の決定、奨励金給付

 申請の内容を精査し、適当と認めたときは、給付決定通知書を送付し、奨励金を給付します。

3 状況報告

 その後の雇用の状況等について、医療機関看護職員確保・育成支援奨励金状況報告書(ワード:21KB)により随時報告します。

 ※時期については別途ご案内します。

令和4年度実施分

事業内容

 令和4年6月10日から令和5年3月31日までの間に、再就職する看護職員を雇用した神奈川モデル認定医療機関等に対して、奨励金を給付します(令和5年3月20日から3月31日までに雇用する見込みの場合を含む)。

 本事業は、県民の皆様からの御寄附である「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」を財源としています。奨励金の使途に制限はありませんので、ぜひ幅広く御活用ください。

対象となる医療機関

 本事業の対象となる医療機関は、神奈川モデル認定医療機関等です。

 ※看護職員を雇用する時点において、神奈川モデル認定医療機関、神奈川モデルの精神科コロナ重点医療機関、周産期コロナ受入医療機関、小児コロナ受入医療機関、透析コロナ患者受入医療機関、在宅難病患者受入協力病院など、あらかじめ県の依頼に基づき患者の受入れ、病床確保等を行う医療機関が対象となります。

再就職する看護職員の要件

  • 3か月以上看護職を離職している看護職員(保健師、助産師、看護師、准看護師)
  • 再就職時に次の要件を満たす者 

 (1)1週間の所定労働時間が20時間以上

 (2)1年以上雇用されることが見込まれる

給付金額

 雇用する看護職員1名につき30万円

 

「医療機関看護職員確保・育成支援事業」を実施します。(PDF:240KB)

奨励金給付要綱

はじめにお読みください

 神奈川県医療機関看護職員確保・育成支援奨励金給付要綱(PDF:139KB)

奨励金給付申請の流れ

1 申請書の提出 

提出書類

 ※写しを提出する場合は、原本証明を記載してください。

 ※雇用する見込みであることを記載した書類(例)(ワード:17KB) 

 こちらのチェックシート(ワード:21KB)をご活用ください。

申請受付期間

 令和4年7月22日金曜日から令和5年3月24日金曜日まで(申請期間内必着

 ※予算がなくなり次第締め切ります(先着順)。

提出先

 郵便番号 231-8588

 横浜市中区日本大通1

 神奈川県健康医療局保健医療部医療課 人材確保グループ

 医療機関看護職員確保・育成支援事業担当あて

2 奨励金給付の決定、奨励金給付

 申請の内容を精査し、適当と認めたときは、給付決定通知書を送付し、奨励金を給付します。

3 状況報告

 その後の雇用の状況等について、医療機関看護職員確保・育成支援奨励金状況報告書(ワード:20KB)により随時報告します。

 ※時期については別途ご案内します。

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は健康医療局 保健医療部医療課です。