私設保育施設(認可外保育施設)における新型コロナウイルス感染症への対応について

掲載日:2020年10月12日

 私設保育施設(認可外保育施設)における新型コロナウイルス感染症への対応について、以下のとおり整理いたしました。各施設におかれましては、内容をご確認のうえ、感染拡大の防止と必要な保育の確保に向け、適切にご対応いただきますようお願いいたします。

1 感染拡大防止に向けた対応

(1)基本的な感染症対策の実施
 「保育所における感染症対策ガイドライン」に基づき、通常の飛沫感染・接触感染の防止対策、手洗いの励行をお願いします。
※保育所等における新型コロナウイルスへの対応について(令和2年3月19日現在)(PDF:583KB)

(2)感染拡大防止のための留意点
 職員や子どもの出勤・登園前の体温計測の実施、発熱時の出勤停止の対応等の徹底をお願いします。

※保育所等における感染拡大防止のための留意点について(第二報)(令和2年5月14日)(PDF:129KB)

(3)感染防護具(マスク)の配布・購入
 国から職員分の布マスクを配布済みですが、県からも使い捨てマスクの配布を準備しています(政令市・中核市を除きます)。購入費用は県が負担します。
※当面の対応として、5月末を目途に全ての施設に一定数を配布します。その後は、各施設における必要数を確認させていただいた上で配布を行う予定です。

(4)消毒液(手指消毒用エタノール)の配布・購入
 国の優先供給の仕組みがあり、県を通じて発注すれば購入できます。必要数量については各施設に必要数量を確認させていただいた上で配布する予定です。(政令市・中核市以外の市町村に所在する施設分については、原則県が購入費用を全額負担します。)

 ◆上記、衛生用品(3)マスク及び(4)手指消毒用エタノールの数量調査は終了しました。

2 緊急事態宣言解除後の対応について

 緊急事態宣言の解除に伴い、事業の継続が求められる事業に従事する保護者や、ひとり親家庭などで仕事を休むことができない方以外の保護者に対して行っていた登園自粛の要請(4月23日付け県事務連絡)は終了とします。
 ただし、感染予防や子どもへの負担を避ける観点から、子どもの登園日や時間を段階的に増やしていくことなども必要になると考えられます。
 そこで、適切な保育の実施に必要な場合は、当分の間、家庭での保育が可能な保護者に対し、家庭での保育への協力を要請することも妨げないこととします。
※緊急事態宣言解除後の保育所等の対応について(令和2年5月25日)(PDF:168KB)

※(参考)新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う保育所等の登園自粛の要請について(令和2年4月23日)(PDF:182KB)

※事業の継続が求められる事業者(PDF:148KB)

3 必要な保育の確保

(1)必要な保育の確保
 人員不足で臨時休園する場合も、事業の継続が求められる事業に従事する保護者の子どもの保育など、必要最低限の保育の確保をお願いします。
※緊急事態宣言後の保育所等の対応について(令和2年4月7日)(PDF:228KB)

※緊急事態宣言が継続された場合の保育所等の対応について(令和2年5月1日)(PDF:85KB) 

(2)臨時休業するときの報告
 感染症の発生以外の原因で臨時休業となった場合には、県(次世代育成課)までご報告をお願いします。
平日9時00分~17時00分 電話(045-210-4663)
土日祝日及び夜間(上記時間帯以外の時間) 電子メール(hoiku.536@pref.kanagwa.jp

4 施設において新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応

(1)職員や通園する子どもが感染者・濃厚接触者になったとき
〇 保健所等の関係機関に連絡するとともに、県(次世代育成課)までご報告をお願いします。(政令市・中核市に所在する施設は除く)
平日9時00分~17時00分 電話(045-210-4663)
土日祝日及び夜間(上記時間帯以外の時間) 電子メール(hoiku.536@pref.kanagwa.jp

〇臨時休園等の対応については、原則として下記の国通知に基づいて行ってください。感染が確定した職員・子どもが、出勤・登園時に症状があった場合は原則臨時休園となります。臨時休園の期間と範囲は保健所と相談してください。(判断に迷った場合は、次世代育成課までご相談ください。)

※保育所等において子ども等に新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応について(第二報)(令和2年2月25日)(PDF:265KB)

(2)保護者への情報提供
 個人情報保護に留意しつつ、保護者には適切に情報提供を行ってください。 
※子どもや職員が新型コロナウイルス感染症に罹患した場合の保育所等の対応について(令和2年4月17日)(PDF:299KB)

(3)臨時休業するときの報告(再掲)
 感染症の発生以外の原因で臨時休業となった場合には、県(次世代育成課)までご報告をお願いします。(政令市・中核市に所在する施設は除く)
平日9時00分~17時00分 電話(045-210-4663)
土日祝日及び夜間(上記時間帯以外の時間) 電子メール(hoiku.536@pref.kanagwa.jp

5 経営上の支援について

 神奈川県では、新型コロナウイルス感染症の流行により影響を受けている事業者(個人事業主を含みます)向けに、様々な支援を行っています。詳細は以下のリンク先を参照してください。
※新型コロナウイルス感染症の流行により影響を受けている事業者の皆様へ

 ●補助金● (申請の受付は終了しました。)

 令和2年度新型コロナウイルス感染拡大防止対策事業費補助金(認可外保育施設分)を創設しました。
 詳細については、以下のファイルをご覧ください。
 ・県通知
 ・交付要綱
 ・申請様式(第1~7号様式)様式別紙1・3(ファイル名の先頭に施設名を記載して提出してください)
 ・手引き

6 その他お知らせ

6月12日 新型コロナウイルス感染症に伴う定期の予防接種と乳幼児健診の実施について

 厚生労働省のホームページにて、新型コロナウイルス感染症に伴う定期の予防接種と乳幼児健診の実施についての情報が掲載されています。https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11592.html

9月11日 新型コロナウイルス感染症患者に対応されている医療機関・福祉施設従事者専用こころの相談電話について

神奈川県では、新型コロナウイルス感染症患者に対応されている医療機関・福祉施設従事者の方のための専用こころの電話相談窓口を設置しています。
新型コロナウイルスとの戦いで大変重要な役割を担い、日々ストレス状態に置かれている皆様の相談をお受けします。
電話受付 平日13時00分~21時00分(最終受付20時45分)
電話番号 045-821-7700
※対象は神奈川県内の医療機関・福祉施設で働いておられる方、又は県内にお住まいの方となります。
※相談は専門の相談員がお受けします。プライバシーは守りますので安心してお話下さい。
※新型コロナウイルス感染症の症状・対策等についての相談先ではありません。
詳細については、以下のリンク先をご覧ください。https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nx3/cnt/koronasoudan/singatakoronasenyousoudan.html

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa