生活支援ロボットの実証実験を行います!!
―公募型「ロボット実証実験支援事業」―

掲載日:2020年10月30日
2020年10月30日
記者発表資料
県では、「さがみロボット産業特区」の取組の一環として、生活支援ロボットの実証実験の企画を全国から募集し、支援する「公募型『ロボット実証実験支援事業』」を推進しています。このたび、今年度採択した10件のうち、次の1件の実証実験を行うこととしましたのでお知らせします。

◎実施概要

1 患者や医療従事者に癒しを与える家族型ロボット

聖マリアンナ医科大学(川崎市)
GROOVE X 株式会社(東京都中央区)

lovot-photo

(画像提供:GROOVE X 株式会社)

ロボットの概要 LOVOT(らぼっと)は、LOVEをはぐくむ家族型ロボットです。10以上のCPUコアや50以上のセンサーなどを搭載して、自律的に動き、懐き、抱っこを求めてくれる、人が気兼ねなく愛せる存在です。
実験の概要 日 程 令和2年11月2日(月曜日)~令和3年1月31日(日曜日)
場 所 聖マリアンナ医科大学(川崎市宮前区菅生2-16-1)
内 容 様々な診療科における入院患者と、新型コロナウイルス感染症の拡大等により心理的ストレスを抱える医療従事者を対象に、本ロボットとのコミュニケーションによるロボット介在療法やストレス軽減の効果について検証します。
取材について [非公開] 一般の方には公開しておりません。取材を希望される場合は事前に問合せ先にご連絡ください。

 

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部産業振興課

課長 遠藤 

電話045-210-5630

技術開発グループ 河野

電話045-210-5640