「リモート機能訓練支援サービス」が機能を強化してリリースされます!
―令和2年度「公募型『ロボット実証実験支援事業』」―

掲載日:2021年4月5日
2021年04月05日
記者発表資料

県では、「さがみロボット産業特区」の取組によって、生活支援ロボットの実用化・普及を通じた地域の安全・安心の実現を目指しています。このたび、令和2年度「公募型『ロボット実証実験支援事業』」において機能の強化を支援した「リモート機能訓練支援サービス」が、リリースされることとなりましたので、お知らせいたします。

製品名

リモート機能訓練支援サービス

  • 通所介護事業所で自立支援に資する機能訓練を提供するにあたり、専門的知識を有する人材が不足しているという社会課題を解決するために開発されました。
リモート機能訓練支援サービスの説明画像

概要

  • パソコンと専用アプリを利用したサービスです。
  • 通所介護(デイサービス)事業所に専門家(理学療法士や作業療法士)が在籍していなくても、遠隔の専門家が事業所における個別機能訓練をサポートします。
  • 事業所で利用者の情報と歩行動画を登録すると、遠隔の専門家が一人ひとりに合わせた評価レポート(運動プログラム動画を含む)を作成し、事業所に提供します。
  • 事業所は、利用者に対し機能訓練指導員のもとタブレット端末で運動プログラム動画を見せながら最適な機能訓練を提供することができます。

特区での支援内容

県の仲介のもと本サービスの検証に参加した事業所からのフィードバックを踏まえ、要介護者用に加えて要支援者用の機能訓練メニューを追加しました。

販売元

日本電気株式会社 AIプラットフォーム事業部 TEL:044-431-7675 E-mail:info@rtrepo.jp.nec.com

サービスや販売価格の詳細は、商品ページをご確認ください。
https://jpn.nec.com/rtrepo/index.html

 

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部産業振興課

課長 長沢 

電話045-210-5630

技術開発グループ 河野

電話045-210-5640