ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 新型コロナによって生じた課題の解決に挑むベンチャーのプロジェクトが実証事業を行います

更新日:2022年1月26日

ここから本文です。

新型コロナによって生じた課題の解決に挑むベンチャーのプロジェクトが実証事業を行います
音を空間に配置するベンチャーの技術で新しいサッカー観戦体験を創出

2022年01月26日
記者発表資料

県では、ベンチャー企業と県内大企業等のオープンイノベーションで、新型コロナによって生じた課題の解決に取り組む8つのプロジェクトを採択し、事業化に向けた支援を行っています。このたび、そのうちの1つのプロジェクトが事業化に向けた実証事業を開始しますので、お知らせします。

実証事業の概要

実施企業名 株式会社湘南ベルマーレ・株式会社GATARI
プロジェクト名 「WARM-UP」(Mixed Realityプラットフォーム”Auris(オーリス)”を活用したスタジアムまでの誘導
概要

GATARIが開発した音声配置アプリケーション「Auris」を活用し、平塚駅から湘南ベルマーレのホームスタジアムまでの道のりにおいて、サポーターが楽しめる音声コンテンツをデジタル空間上に配置・保存し、バスではなく徒歩により密を避けつつ、試合に向けて気持ちを高める体験を提供する実証を行う。これにより、試合前の時間に着眼したwith/postコロナ時代における新たなサッカー観戦体験サービスの普及を目指す。

WARM-UPプロジェクトのイメージ

実施時期 令和4年2月19日(土曜日)9時から試合終了まで
体験方法

次の2つのコンテンツを無料で体験できます。

1.選手からの声を聞きながらスタジアムまで歩く体験

アプリ(注記)を起動し、スタート地点となる平塚駅からゴール地点のレモンガススタジアム平塚までの道を歩くことで、その道中4か所に配置された選手からのメッセージやコンテンツが自動的に聞こえていきます。スタジアムで声を出しての応援が出来ない中でも、選手の声を聞いて選手と一緒に「WARM-UP」し、試合に臨む体験ができます。

 

2.選手の声で新加入選手を探すゲーム体験

アプリ(注記)を起動し、スタジアムのある総合公園内を歩くことで、6か所に配置された選手からの目撃談(音声メッセージ)が聞こえていきます。目撃談をヒントに、スタジアム内のどこかにいる新加入選手を探し出すゲームを体験できます。

(注記)参加に当たっては、詳細ページの案内に従い、予めスマートフォンアプリケーション(iOS)「Auris(オーリス)」をインストールしてください。iOS端末をお持ちでない方には、当日、体験用端末のレンタルを予定しています。

詳細ページ https://gatari.co.jp/warmup/(別ウィンドウで開きます)

今年度採択した8つのプロジェクトは、県のベンチャー企業の成長促進拠点「SHINみなとみらい」において、事業化に向けた実証事業の実施支援などを行っています。

また、8プロジェクトのうち、今回のプロジェクト以外では3プロジェクトが実証を開始(注記1)しています。残りの4プロジェクト(注記2)についても、年度内に実証事業を行い、事業化を目指します。

(注記1) 既に実証を開始した3プロジェクトは次の記者発表資料を御覧ください。

令和3年11月11日付記者発表資料「新型コロナによって生じた課題の解決に挑むベンチャーのプロジェクトが実証事業を行います」(別ウィンドウで開きます)

令和3年12月16日付記者発表資料「新型コロナによって生じた課題の解決に挑むベンチャーのプロジェクトが実証事業を行います」

(注記2) 別紙 今年度採択した残りの4つのプロジェクトの概要(PDF:569KB)

【参考:SHINみなとみらい】

神奈川県が、「WeWorkオーシャンゲートみなとみらい」内に、令和元年11月に開設した県内ベンチャー企業の成長促進拠点です。

本拠点において、ベンチャー企業と大企業によるオープンイノベーションの促進や、ベンチャー企業の資金調達、販路拡大に向けた個別支援を行っています。

現在、マスク着用、体温測定、アルコールでの手指消毒、各席の間隔確保、デスクのアルコール清掃など、新型コロナウイルスの感染症対策を徹底したうえで利用いただいています。

SHINみなとみらいの様子 SHINみなとみらいのマーク

問合せ先

産業労働局産業部産業振興課

ベンチャー支援担当課長 脇坂
電話 045-285-0213

新産業振興グループ 高橋
電話 045-210-5636

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は産業労働局 産業部産業振興課です。