「さがみロボット産業特区」で支援したロボットが商品化されます!

掲載日:2021年3月29日
2021年03月29日
記者発表資料

県では、「さがみロボット産業特区」の取組によって、生活支援ロボットの実用化・普及を通じた地域の安全・安心の実現を目指しています。このたび、次の製品が販売されることとなりましたので、お知らせします。

1 殺菌灯搭載ロボット(Model A、B、C)

sumart

(画像提供:株式会社スマートロボティクス)

(1)製品の概要
殺菌紫外線(UV-C)を照射することによって、非接触で周囲のエリア・床面※を殺菌照射しながら、表面殺菌、空気殺菌を行います。※床面照射はModel B、Cのみ。
遠隔操作時には、走行中の映像をリアルタイムで確認でき、安全に作業を行うことができます。
(2)主な改良点
・基地局経由では、通信状態が不良な場合でも、ロボットに直接アクセスできるようにして、運用可能にしました。
・これまではバッテリーが本体と一体になっていましたが、抜き差し可能なカセット型に変更することで、充電のための待機時間が不要になり、また、複数のバッテリーを使うことで長時間の運用が可能になります。
・約60kgから55kgへと軽量化しました。
(3)販売者 株式会社スマートロボティクス
(住所:東京都千代田区東神田2-4-6 S-GATE秋葉原8階 電話:03-5835-3103)
(4)販売開始 4月1日(木曜日)予定(価格は販売者に問合せください)
(5)特区での支援内容
令和2年度「ロボット共生社会推進事業」に採択された製品であり、学校と商業施設での実証実験を支援しました。

2 パワーアシストAIREHA CIP-50

lap

(画像提供:株式会社エルエーピー)

(1)製品の概要
手首、足首のリハビリを補助するロボット、パワーアシストハンド(リハンズ)及びパワーアシストレッグ(リレッグズ)の駆動制御ボックス(PAL-100)の新製品です。従来品の機能に加えて、圧力やスピードを任意に調整できるなどの便利な機能が追加されました。
(2)主な改良点
スイッチ類などを用いて操作しやすいように改良したほか、約8kgから3.4kgへと小型・軽量化を図りました。
(3)販売者 株式会社エルエーピー
(住所:厚木市妻田西1-19-22 電話:046-204-9343)
(4)販売開始 4月12日(月曜日)予定(価格は未定)
(5)特区での支援内容
重点プロジェクトに位置づけ、介護老人保健施設での実証実験を支援しました。

3 感染症対策AIロボット「AYUDA-MiraMe(アユダ ミラーミ)」

cij

(画像提供:株式会社CIJ)

(1)製品の概要
施設等に来訪する人に対して、受付応対、検温、マスク着用の検知を行い、体温が高い人やマスクを装着していない人がいた場合は、音声とディスプレイの表示によって知らせます。
また、顔の正面以外からでも検温が可能であるため、室内を移動する人に対しても発熱を把握できるほか、メール等で通知する機能も有しています。子供が触れない高い場所からでも機能するよう可動域を調整する等の改良を加えて商品化に至り、幼稚園児や保育園児の健康管理等への活用が期待できます。
設置施設に合わせた機能追加、システム連携が可能です。
(2)販売者 株式会社CIJ
(住所:横浜市西区平沼1-2-24 横浜NTビル7階 電話:045-411-2571 E-mail:ayuda@cij.co.jp
https://www.cij.co.jp/service/product/ayuda/mirame.html
(3)販売開始 5月10日(月曜日)
(4)販売価格 本体価格 598,000円(税別)、サービス利用料 月額12,000円
設置費用 100,000円~※、カスタマイズ 200,000円~※
※価格は対応する内容によって変動します。
(5)特区での支援内容
令和2年度「公募型『ロボット実証実験支援事業』」に採択した製品であり、幼稚園と保育園において、園児を非接触で検温する実証実験を実施しました。

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部産業振興課
課長 遠藤 電話045-210-5630
【1 殺菌灯搭載ロボット(Model A、B、C)、2 パワーアシストAIREHA CIP-50について】
さがみロボット産業特区グループ 本間 電話045-210-5650
【3 感染症対策AIロボット「AYUDA-MiraMe(アユダ ミラーミ)」について】
技術開発グループ 河野 電話045-210-5640