「かながわロボタウン」で生活支援ロボットの実証実験を行います!
-ロボット共生社会推進事業-

掲載日:2020年12月18日
2020年12月18日
記者発表資料

県では「さがみロボット産業特区」を中心に、生活支援ロボットの実用化や普及・活用を進めることで、ロボットが社会に溶け込み、いのちや生活を支えるパートナーとして活躍する「ロボットと共生する社会」の実現をめざしています。
この取組の一つとして、ロボットが活躍している様子を見たり、体験したりすることができるモデル空間「かながわロボタウン」(辻堂駅周辺)において、次の実証実験を行いますので、お知らせします。

【実証実験】AIサービスロボット(Lanky(ランキー))

(実施関係機関:キングソフト株式会社/公益財団法人神奈川県公園協会・株式会社オーチュー グループ)

ロボットの概要

Lanky

AIによる空間認識や自律走行機能により、商業施設やオフィスなどで、施設案内や目的の場所までの誘導ができるサービスロボット。

遠隔操作と自律走行により、施設内を巡回した情報提供や迷子対応などのサービス提供が可能。

(画像提供:キングソフト株式会社)

実証実験の概要

日程等

令和2年12月23日(水曜日)から令和3年1月17日(日曜日)まで(予定)
公開 見学・取材が可能です。取材を希望される場合は事前に問合せ先にご連絡ください。
場所 辻堂海浜公園 交通展示館(藤沢市辻堂西海岸3-2)
内容

交通展示館の来館者に対し、Lanky(ランキー)が自律走行による館内展示物のご案内や、交通アクセス・レストラン等公園施設のご案内などを行います。

 

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部産業振興課

課長 遠藤
電話 045-210-5630

さがみロボット産業特区グループ 本間
電話 045-210-5650