かながわロボタウンで活躍するロボットが決定しました!
―ロボット共生社会推進事業―

掲載日:2020年9月18日
2020年09月18日
記者発表資料

県では「さがみロボット産業特区」を中心に、生活支援ロボットの実用化や普及・活用を進めることで、ロボットが社会に溶け込み、いのちや生活を支えるパートナーとして活躍する「ロボットと共生する社会」の実現に向けた取組を推進しています。
この取組の一つとして、ロボットが活躍している様子を見たり、体験したりすることができるモデル空間「かながわロボタウン」を辻堂駅周辺で展開しています。
このたび、今年度、「かながわロボタウン」で活躍してもらうロボットを、次のとおり決定しましたので、お知らせします。

ロボットの概要

(実施者名五十音順)

  実施者、プラン及びロボットの名称 ロボットの概要
1

【キングソフト株式会社】
AIサービスロボット
(Lanky)king

 

 AIによる空間認識や自律走行機能により、商業施設やオフィスなどで、施設案内や目的の場所までの誘導ができるサービスロボット。
 遠隔操作と自律走行により、施設内を巡回した情報提供や迷子対応などのサービス提供が可能。

2

【株式会社CIJ】
ホテルの接客応対を可能とする
コミュニケーションロボット
(AYUDA)
cij1cij2

 

 音声対話や顔認識にAIを活用して、施設の案内や、周辺飲食店、観光施設の情報提供ができる自律移動型コミュニケーションロボット。
 160cmの高さで、お客様へサービスを提供。
3

【株式会社スマートロボティクス】
殺菌ロボット

smart3smart2smart1

 医療機関や商業施設等、幅広い施設に対応できる殺菌ロボット。
 自律走行と遠隔操作により殺菌紫外線を周囲360度及び床面に照射し、非接触で周囲のエリア及び床面の表面殺菌、空気殺菌が可能。

4

【東京工芸大学】kougei
店舗案内のための
マルチロボット
コミュニケーション
システム
(PALRO)

 富士ソフト株式会社のPALROを複数台活用したマルチロボットコミュニケーションシステム。
 PALROの「個」としての振る舞いと「集団」としての連携を実装したコミュニケーションシステムによる店舗案内支援を実施。
5

【富士ソフト株式会社】
施設職員の接触機会低減を目的
とした感染症防止対策等の注意
喚起を行う
コミュニケーションロボット
(PALRO)
fuji

 顔認識などの技術によって人に話しかけ、人が行う定型的な説明業務を代替するコミュニケーションロボット。
 プレゼンテーションソフトと連携して自動的にプレゼンテーションを実施することで「業務効率化」や「人と人との接触機会の低減」が可能。

 

・ロボットの活用は、人と人との接触を減らすことにより、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にも有用です。
・各ロボットの具体的な活躍内容については、別途、お知らせします。

問合せ先

産業労働局産業部産業振興課

課長 遠藤
電話 045-210-5630

さがみロボット産業特区グループ 本間
電話 045-210-5650