ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 新型コロナによって生じた課題の解決に挑むベンチャーのプロジェクトが実証事業を⾏います

更新日:2021年12月16日

ここから本文です。

新型コロナによって生じた課題の解決に挑むベンチャーのプロジェクトが実証事業を⾏います
神奈川⼤学において「遠隔コミュニティブース」の実証を実施

2021年12月16日
記者発表資料

県では、ベンチャー企業と県内大企業等のオープンイノベーションで、新型コロナによって生じた課題の解決に取り組む8つのプロジェクトを採択し、事業化に向けた支援を行っています。
このたび、その1つである「気軽に相談できる遠隔コミュニティブースの開発」プロジェクトが事業化に向けた実証事業を開始しますので、お知らせします

実証事業の概要

実施企業名 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社株式会社qutori
プロジェクト名 気軽に相談できる遠隔コミュニティブースの開発
概要

コロナ禍でキャンパス内での交流や、相談の機会が減少した大学生に対し、富士フイルムビジネスイノベーションが提供する個室型ワーク ブース「CocoDesk」と、qutoriが有するコミュニティマネージメントのノウハウを掛け合わせ、遠隔で適切な人に相談できる環境を提供します。将来的には、大学生だけでなく社会人を含む様々な方へ、場所の制約なく必要なコミュニティに参加できる環境構築を目指します。

遠隔コミュニティブースのイメージ画像

実施時期 令和3年12月16日(木曜日)から令和4年1月31日(月曜日)
実施場所・実施詳細 神奈川大学みなとみらいキャンパスに個室型ワークブース「CocoDesk」を2台設置します。学生は利用したい時に無料で入室し、様々な人とのネットワークを持つコミュニティマネージャーとオンラインで話をすることができます。また、希望する学生には話してみたい人や適切なコミュニティをマッチングします。
(見学・取材については、問合せ先に御連絡ください)
詳細ページ https://buff-community.jp/communitydoor

なお、支援中の8つのプロジェクトのうち、今回のプロジェクトを含む3つのプロジェクトが実証を開始しています。

残りのプロジェクトについても、県の「ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)」の支援のもと、年度内に実証事業を行い、事業化を目指します。
(8プロジェクトの概要は令和3年9月16日付記者発表資料(別ウィンドウで開きます)を御覧ください)

別紙1 「遠隔コミュニティブース」実証の詳細(PDF:1,122KB)(別ウィンドウで開きます)

別紙2 コロナ禍におけるキャンパス内の交流活動に関するアンケート調査概要(PDF:144KB)(別ウィンドウで開きます)

【参考:ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)】

神奈川県では、県内に拠点を持つ大企業と質の高いベンチャー企業による事業連携プロジェクトの創出と、オープンイノベーションに向けたコミュニティ形成を目的として、大企業・ベンチャー企業・研究機関・支援機関等に参画いただく協議会「ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)」を運営しています。本県内で、積極的にオープンイノベーションに取り組みたい方々は、ぜひ御参加ください。

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/cnt/f537611/bak01.html(別ウィンドウで開きます)

ビジネスアクセラレーターかながわのロゴ画像

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部産業振興課

ベンチャー支援担当課長 脇坂
電話 045-285-0213

新産業振興グループ 高橋
電話 045-210-5636

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は産業労働局 産業部産業振興課です。