インフラ点検ロボットの実証実験を行います!
ー重点プロジェクトー

掲載日:2022年1月5日
2022年01月05日
記者発表資料

県では、「さがみロボット産業特区」の取組の一環として、ロボットの開発プロジェクトのうち、県民生活に大きなインパクトを与えるものなどを「重点プロジェクト」に指定し、実証場所やモニターに関する調整等の支援を実施しています。このたび、「重点プロジェクト」に位置付けている「スマート高速化メンテナンスロボット・ソリューション」について、次の実証実験を行いますので、お知らせします。

実施概要

スマート高速化メンテナンスロボット・ソリューション(実施事業者:株式会社ハイボット)

ロボットの概要
  • 細長く、しなやかな動作が可能なヘビ型ロボットアームです(「Float arm(フロートアーム)」)。
  • アームの先端に超音波センサやカメラを取り付けることで、危険な場所や、狭く見通しの悪い環境下、また高所にある設備などの点検が可能です。
Floatarm.png(画像提供:株式会社ハイボット)
実験の概要 日程等

令和4年1月11日(火曜日)から1月13日(木曜日)まで
注:悪天候の場合、予備日1月14日(金曜日)。

公開 見学・取材については、問合せ先に御連絡ください。
場所 地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)
(海老名市下今泉705-1)
内容 実際の現場(化学プラント等)での導入・運用を見据え、実環境に近いパイプ配管及びタンクを対象に、ロボットの設置から検査データ取得までの一連の動作確認及びロボットの動作システムの調整を行います。

 

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部産業振興課

課長 長沢
電話 045-210-5630

さがみロボット産業特区グループ 本間
電話 045-210-5650