生活支援ロボットの実証実験について

掲載日:2021年1月19日
2021年01月19日
記者発表資料

県では、非接触や省人化にもつながる生活支援ロボットの実用化・普及を通じた地域の安全・安心の実現に取り組んでいます。この一環として、次のとおり、実証実験を実施します。

1 自動運転バス

(実施関係機関:小田急電鉄株式会社/江ノ島電鉄株式会社/BOLDLY株式会社/藤沢市/藤沢市観光協会)

ロボットの概要

04

・自動運転用に製造されたハンドルのない
車両(ナビヤ社製 アルマ)
・サイズ:幅2.1m×長さ4.8m×高さ2.7m
・最大定員:11名
・最大時速:20キロ程度

(画像提供:BOLDLY株式会社)

実証実験の概要

日時等 令和3年1月21日(木曜日)から29日(金曜日)まで(土曜日、日曜日を除く)
11時00分から15時30分まで(予定)
取材を希望される場合は事前に問合せ先にご連絡ください。
場所 江の島(藤沢市)周辺の公道
片瀬江の島観光案内所⇔小田急ヨットクラブ(片道約1.2km)
内容 ・一般車両や自転車、歩行者が行き交う環境において、自動運転バスの走行技術検証を行います。
・走行中の時速は、概ね18キロを予定しています。
・走行中は常時ドライバーが同乗し、問題発生時は手動運転に切り替えます。
(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一般の方や報道機関向けの試乗は行いません。)

2 施設職員の接触機会低減を目的とした感染症防止対策等の注意喚起を行うコミュニケーションロボット(PALRO)

(実施関係機関:富士ソフト株式会社/積水ハウス株式会社湘南支店)

ロボットの概要

02

顔認識などの技術によって人に話しかけ、人が行う定型的な説明業務を代替するコミュニケーションロボット。
プレゼンテーションソフトと連携して自動的にプレゼンテーションを実施することで「業務効率化」や「人と人との接触機会の低減」が可能。

(画像提供:富士ソフト株式会社)

実証実験の概要

日程等

令和3年1月28日(木曜日)から2月15日(月曜日)まで(火曜日、水曜日、祝日を除く)(予定)
取材を希望される場合は事前に問合せ先にご連絡ください。
場所 積水ハウス株式会社湘南支店(藤沢市辻堂神台2-2-1)
内容 来店者に対して、PALROが音声やプレゼンテーションで手指の消毒・マスク着用を注意喚起するとともに店舗の案内を行います。

3 店舗案内のためのマルチロボットコミュニケーションシステム(PALRO)

(実施関係機関:東京工芸大学/江ノ島電鉄株式会社)

ロボットの概要

05

富士ソフト株式会社のPALROを複数台活用したマルチロボットコミュニケーションシステム。
PALROの「個」としての振る舞いと「集団」としての連携を実装したコミュニケーションシステムによる店舗案内支援を実施。

(画像提供:東京工芸大学)

実証実験の概要

日程等 令和3年1月25日(月曜日)から2月5日(金曜日)までのうち6日程度実施
取材を希望される場合は事前に問合せ先にご連絡ください。
場所 湘南藤沢コンシェルジュ・湘南藤沢スーベニールズ(藤沢市南藤沢1-1)
内容 複数台のPALROが連携して店舗の案内や商品の説明を行い、その親しみやすさなどについて来店者からアンケートを実施し、今後のロボットの活用を検証します。

 

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部産業振興課
課長 遠藤 電話045-210-5630
さがみロボット産業特区グループ 本間 電話045-210-5650