「かながわロボタウン」で生活支援ロボットの実証実験を行います!
-ロボット共生社会推進事業-

掲載日:2020年10月29日
2020年10月29日
記者発表資料

県では「さがみロボット産業特区」を中心に、生活支援ロボットの実用化や普及・活用を進めることで、ロボットが社会に溶け込み、いのちや生活を支えるパートナーとして活躍する「ロボットと共生する社会」の実現をめざしています。

この取組の一つとして、ロボットが活躍している様子を見たり、体験したりすることができるモデル空間「かながわロボタウン」(辻堂駅周辺)において、次の実証実験を行いますので、お知らせします。

【実証実験】ホテルの接客応対を可能とするコミュニケーションロボット(AYUDA(アユダ))

(実施関係機関:株式会社CIJ/第一イン湘南)

ロボットの概要

ayuda2ayuda1

音声対話や顔認識にAIを活用して、施設の案内や、周辺飲食店、観光施設の情報提供ができる自律移動型コミュニケーションロボット。

160cmの高さで、お客様へサービスを提供。

(画像提供:株式会社CIJ)

実証実験の概要

日程等

令和2年11月20日(金曜日)から11月30日(月曜日)まで(予定)
公開 見学・取材が可能です。取材を希望される場合は事前に問合せ先にご連絡ください。
場所 第一イン湘南(藤沢市辻堂1-4-14)
内容

第一イン湘南の宿泊者に対し、AYUDAがお出迎えやホテルのご案内等のフロント支援、周辺の観光スポット・お食事処のご案内などを行います。

 

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部産業振興課

課長 遠藤
電話 045-210-5630

さがみロボット産業特区グループ 本間
電話 045-210-5650