職種紹介:管理栄養士

掲載日:2021年3月3日

※令和3年度の募集はありません。

仕事と配属先

職務内容

特定給食施設などの指導や栄養表示の適正化指導などの食環境の整備、難病や長期療養者などへの専門的栄養指導を行います。また、地域の中核機関として、国民(県民)健康・栄養調査を行うとともに、地域の実態把握・分析、健康情報の収集や提供を行い、市町村や関係機関と連携し地域の特性に応じた栄養改善活動や福祉施設における栄養管理を行います。

主な配属先

児童福祉施設、障害者支援施設、健康増進課、保健福祉事務所など

各部局について、詳しく知りたい方は組織紹介をご覧ください。

先輩職員からのメッセージ

令和3年度掲載:平塚保健福祉事務所 川畑 明日香 主任技師

R3川畑主任技師

行政栄養士は、地域の給食施設や住民の皆さんの栄養改善に関わる仕事ができます。
現在は保健福祉事務所に勤務し、給食施設の指導や栄養成分表示活用の推進、地域の栄養・食生活対策について検討する会議の運営などを担当しています。
仕事をするに当たり、知識や経験だけでなく、庁内外の調整能力、現場の声を聴く力など、様々なことが求められるため、スキルアップは不可欠ですが、給食施設や住民の皆さんの栄養改善につながる結果が見えたときには、とても嬉しくやりがいを感じます。
現在に至るまで、児童福祉施設や教育委員会にも勤務して、様々な立場から栄養士の役割や責任を体感してきましたが、これは県職員だからこそ得られる経験だと思っています。

令和2年度掲載:厚木保健福祉事務所 中塚 さおり 主任技師

R2_管理栄養士_中塚主任技師

現在所属している厚木保健福祉事務所は5市町村を管轄しており、給食施設数が約320施設と多く、1日に12万食以上の給食が提供されています。また、管内に大学が多いことから、若い世代を対象にホームページやツイッターで食情報を発信しています。同じ神奈川県でも各所で違った特徴があり、業務も多様です。
行政栄養士は地域特性に合わせて業務に取り組み、栄養施策として展開することが求められます。私自身はまだまだ研さん中ですが、給食施設の栄養士や地域住民の方々のお役に立てたときにやりがいを感じます。先輩栄養士や同僚、他職種の方にも相談しながら、その一員としてお仕事できる楽しさを感じる毎日です。
公衆栄養学実習で行政栄養士に興味を持たれた方、神奈川県もいかがですか。

平成31年度掲載:平塚保健福祉事務所 中島 都 技師

H31_職種紹介(管理栄養士)

保健福祉事務所に所属し、特定給食施設等の指導や栄養成分表示活用の推進、国民健康・栄養調査の実施、地域人材の育成、地域の栄養・食生活対策について検討する会議の運営等を行っています。
特定給食施設等の巡回や講習会の開催等を通して、現場で日々尽力されている栄養士の方の悩みを一緒に考え、解決できた時は嬉しく励みになります。私達の「食」を通した日々の取組みが県民の皆さんの健康や生き生きとした生活につながっていくと思うと、その責任ある業務を担っていることに身が引き締まるとともに、やりがいも感じます。
現所属の前は児童福祉施設に勤務しており、安全でおいしい給食の提供や利用者の栄養管理、食育等に携わっていました。栄養士として多種多様な業務を経験でき、その経験をまた新たな所属で生かしていけることも県職員の強みの一つだと思います。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa