職種紹介:獣医師

掲載日:2021年3月3日

仕事と配属先

職務内容

家畜の改良や増殖、畜産物の流通・販売の促進など「畜産業の振興」に係る仕事を行います。

家畜衛生の向上及び家畜伝染病の発生予防・まん延防止、獣医師や飼育動物診療施設の指導、動物用医薬品の適正流通使用の指導、畜産技術の研究開発や普及などの「安全・安心な畜産物の生産」に係る仕事を行います。

食品の製造所や販売店に対して食品衛生の観点からの監視指導や、牛や豚等のと畜検査など「食の安全・安心の確保」に係る仕事を行います。

理容、美容、クリーニングなどの生活衛生関係営業施設の監視指導や、動物愛護管理の推進、狂犬病予防対策など「衛生的な生活環境の確保」に係る仕事を行います。

主な配属先

畜産課、畜産技術センター、家畜保健衛生所、生活衛生課、衛生研究所、保健福祉事務所、食肉衛生検査所、動物愛護センターなど

各部局について、詳しく知りたい方は組織紹介をご覧ください。

先輩職員からのメッセージ

令和3年度掲載:生活衛生課 坂上 貴之 主査

R3坂上主査

生活衛生課は、食品衛生、動物愛護、環境衛生といった多岐にわたる業務を行っています。私は動物愛護・水道グループに所属し、主に動物愛護管理に関する業務を行っており、県民の皆さんの声を聞きながら、人と動物の調和のとれた社会の実現に向け仕事をしています。
また、これまでに食肉衛生検査所で検査業務や保健福祉事務所で飲食店の調査なども経験しました。このように獣医師の幅広い知識や技術を生かしながら、県民の皆さんの健康や生活の向上に役立てることができる点にとてもやりがいを感じています。

令和2年度掲載:生活衛生課 岡部 正太 技師

R2岡部技師

生活衛生課は獣医師や薬剤師、栄養士などの免許資格職の職員が多く在籍し、県民の皆さんが安全に安心して生活するための衛生に関する業務を行っています。業務内容は、大きく食品衛生、環境衛生、動物愛護に分かれており、その中で、私は食品衛生グループに所属し、主に県民の皆さんに「食品衛生」について分かりやすく普及、啓発をする業務に携わっています。食品は日常生活になくてはならないもので、すべての人がその安全・安心を望んでいます。食の安全・安心を守る仕事は県民の皆さんの健康に直結するため、責任を強く感じますが、その分獣医師の幅広い知識や技術を生かすことができ、大変やりがいを感じます。

平成31年度掲載:生活衛生課 新井 慎也 主任技師

H31_職種紹介(獣医師)

生活衛生課は、環境衛生・食品衛生・動物愛護といった多岐にわたる業務を行っています。
私は環境衛生・海水浴場たばこ対策グループに所属し、主に旅館業法に基づく宿泊施設に対する衛生指導や、新しい民泊制度の健全な推進について携わっており、グループ内ではその他生活関連施設や温泉、海水浴場等に係る事務を所管しています。過去には保健福祉事務所に勤務し、県民の方と直接接する現場を経験したことや、食肉衛生検査所に勤務し、獣医師の専門性に深く関わる検査業務を行ったことがあります。
このように、獣医師としての知識や技術を幅広い分野で発揮し、県民の皆さんの健康や生活の向上に貢献できることが、やりがいを感じる部分です。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa